閉じる
  1. 久しぶりの投稿です。実はお勤めしはじめたので忙しかったです。
  2. お節集めました。おせち料理のページ
  3. 障害児の子どもが居ても稼げる在宅ワークのいろいろ
  4. 重度知的障害で重度自閉症と幼児期に診断されて、大人になった今は?
  5. 稼げるライティング
  6. 恐ろしいADHD治療薬の実態
  7. 重度知的障害児の問題行動は、こうやって改善した。他害行為も
  8. 古い民謡の囃子言葉は、ヘブル語由来。勾玉はヤハウェを表す?
  9. 発達障害もあらゆる病気を改善するアロエベラ。
  10. 「普通学級」「支援学級」「支援学校」それぞれのメリット・デメリットに思…
閉じる
閉じる
  1. 久しぶりの投稿です。実はお勤めしはじめたので忙しかったです。
  2. ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の理解のための旧約聖書のあらすじ
  3. 古い民謡の囃子言葉は、ヘブル語由来。勾玉はヤハウェを表す?
  4. 相撲界の決まりごと、相撲用語、調べてみました。
  5. 重度知的障害者の親知らず抜歯手術と経緯/障害者対応歯科
  6. 韓国ウソの歴史と日韓関係、ウソは是正すべきでしょ!
  7. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ
  8. 三組三様の不倫疑惑がらみ会見に見るリスクマネジメント能力
  9. 『弓と禅』にみる日本の精神、相撲道、弓道、武道の心
  10. モンゴル力士会の八百長疑惑がもめ事の真相では?相撲のルーツ
閉じる

そこはかとなく愉しからずや

2才からのこだわりの克服

2才半で通った療育センター

2才半で療育センターに半年通って、思うところあり、療育センターを退園して普通幼稚園に通います。

この時期が一番辛かったかも。可愛い盛りでしたけど、それはそれは問題山積みで、親子して辛い目に会うことが頻繁でした。

本来なら小学校入学前まで通所する療育センターを退所したのは、自分の信念とあまりに違う在り方だったからです。

手を放すと車道にも飛び出す時期で、一番大変なころです。

療育センターは、町中から離れた、山里と言ってもよいような人里離れた場所にありました。

当時は、コンクリートの灰色の暗い雰囲気の建物で、入り口は檻のようで、うちの子はワンワン泣きました。

 

スポンサーリンク




療育センターの実情

そりゃそうだ、親の私だってこんなコンクリートの、無機質の殺風景で手垢で汚れたグレーの壁の部屋に入れられたら、泣きたくなります。

しかも閉じ込められるのです。(親の思いが子供に伝染するというのもあるとは思いますが)

ドアの上部には穴があけられていてる箸が貫通してありました。出入りするときに、箸を抜くとドアは開閉でき箸を刺すとドアは開けられず、高いところなので子供は届きません。

自由の無いところです。

多動で飛び出す子が大半ですから。職員さんも手が足りないですし、仕方のないことだったのかもしれません。

うちの子は療育センターでもっとも重度と言われていた自閉症重度知的障害でした。

軽度のお子さんが多かったように思います。

積極破瓜型の自閉症らしかったです。それはそれは多動で通所は療育センターのバスが近くまで来て、それに乗せて通所するのですが。その専用バスの待ち合わせ場所も家から15分くらい歩く場所にあり、バスが来るまで立って待つわけですが、寒い日も暑い日も、多動の子どもの手を離さずに持っていることは、かなり大変でした。

母子通園が3ヶ月くらい続いたと思うのですが、一歳半違いの妹をおんぶヒモでくくり付けての母子通園で、おんぶヒモしたまま近所の野山を走り回るうちの子を追いかけるのです。小さな崖のようなところもおんぶヒモしたまま滑り降りたり。一才半の子どもをおんぶヒモでくくりつけている私への配慮は一切ありませんでした。(今ごろ文句言う私(笑))

母子通園が終わってからうちの子の様子を見に行くと、うちの子の姿は見えず、職員さんに聞くと、入り口は鍵がかかっているから、外に出れないからどこかに居るという返事。

問題はそれ以外にもあるのだがと思いますけどね。

様子を見にくるたびにうちの子の姿は見えません。私が見つけて、トランポリンをさせたり、アスレチックをさせたりしていました。

ほら関わればこんなこともあんなこともできますよ。とアピールしてたのですが。お母さんやからできる。職員だと逃げると言う返事。

問題意識が少ないのだなあと思いました。(今頃、イヤミ(笑))

職員さん一人で三人の多動児を担当するのです。

見ているとどこかに行ってしまう子はほったらかしで、療育のしやすい軽度のお子さんにはカードを使った療育や、ゲームをしたりしています。

ほったらかしにされるのでは、なんのために療育センターに通わせるのかわかりません。

先生一人で三人の子を担当して、ほったらかしにされる環境より。妹と二人を私が療育するほうが断然ましです。

その旨伝え、強引に療育センターを退所しました。

毎週、車でいろんな場所のアスレチック公園に連れて行き、遊園地にもタダ券で平日に行き、並ぶ練習もしました。

ちゃんと並ぶことができて、一時限座っていることができなければ小学校に行けないと思っていました。

今思えばそんなこともないのですが。小学生でも座らないお子さんはたくさんいます。健常児にもいますね。

座る。並ばせる。訓練

とにかくそのころは、なにがなんでも座らせる。並ばせるお母さんでした。

普通幼稚園で障害児も受け入れてもらえるところを探しました。

民間の幼稚園でしたのでいろいろ言われます。引っ越しとともにお世話になった民間私立幼稚園から 遠方の公立幼稚園に転園します。

偶然、引っ越した先の一番近い幼稚園におそるおそる見学に行くと、そこは障害児でも通園できますよ。という市立幼稚園だったのです。

なんと先生を加配でお一人つけてくださって。年中クラスに入りました。

全国的にも珍しいところだと思います。

幼稚園時代になんとか行動を変容させようと多動の子を毎週ドライブしていろんなところに行きました。

「親子劇場」に加入して会員で子供ミュージカルを鑑賞します。そこでちゃんと座らせる訓練をしました。ハッキリ言って手を上から椅子に押さえつけて、立ち上がろととすると手が痛い、じっとしていると手がいたくない。という押さえつけです^^;

これでうちの子はどこでも座るべき場所ではじっと座れるクセがつきました。

私のやり方は批判も多いと思いますが、結果よければよしと思っています。

座らせる苦痛より、座れないで世間から非難される苦痛のほうが何倍も大きいですから。

ハッキリ言ってワンちゃんのしつけと同じだったと思います。

抱っこや褒めまくりは 押さえつけ以上にしましたけどね。

同一性保持の克服

このころの自閉症スペクトラムの子どもは、同一性保持という特徴がある子が多いです。

毎日同じ道でないと泣き喚くのです。

私はあえて毎日違う道順で通園しました。

もうどの道が同一性保持していた道かわからないくらい(笑)

違う道と踏切が泣く恐い場所でした。

踏切は車で通ってもおいおい泣くのです。

泣くときは抱っこしてよしよし大丈夫。歌を歌ったりして通ります。

当時隙だった真っ赤なお鼻のトナカイさんを歌いながら、よしよしなでなでしながら、踏切を渡れたらいい子いい子して褒めまくります。

踏切は、あの辞めた療育センターのすく近くにあり、いつも踏切を通って療育センターに入るのでした。

完全にトラウマですね。

うちの子は一人でも怖いところは 鼻歌を歌ってました。完全にわたしの刷り込みですね^^;

今はもう大丈夫です。踏切も平気で渡れます。恐いのはジュラシックパークの恐竜ぐらいです。それは怖くて当たり前なので克服はしていません。

母だっていまだにお化け屋敷は怖いですw

踏切のカンカン音を聞きながら、ゴーと轟音で通りすぎる電車を待って、踏切を渡るのはいろんな場所で毎週のように体験しました。

実にいろんな踏切があります。

事故のあった踏切もあります。飛び込みがなんどもあった踏切とかも。

うちの子は霊能者か???

ひょっとしてうちの子は何か見えているのかもしれません。高架下のある一点を見ておびえて顔を隠し、その一点から離れるように手をひっぱります。

霊がいてもおかしくないような場所もありました。

祖父のお葬式から帰った晩に空を見つめてケタケタ笑っていたことがあります。まるで何かが見えているような。

視覚異常もあるようです。文字の見え方がおかしいのか、ノートに書いた文字を ノートを持ち上げて真横から見たりします。

文字が浮き上がって見えているのでしょうか?

幼児期、横断歩道のゼブラ模様が渡れないことがよくありました。線を跨げないのです。

ある時、テレビを見ていたら、牛が横断歩道を渡れない様子を放送していました。

牛と同じ・・・大変ショックを受けた思い出です。今ではゼブラ模様も渡れますけど。当時無理やりゼブラ模様を渡らせるスパルタ気味の私でした。

ちょっと強引すぎると思いますが、そうやってたくさんの事を克服してきたのです。

木漏れ日のキラキラをいつまでも手の平の指のすきまから眺めていたりします。

自閉症者本に書かれている自閉症者特有の様子です。それを見るたびにやっぱりそうなのか?と思ったりもしました。

27才になったうちの子の最近のこだわりは、アイマスクをカチューシャのように頭につけています。

夜、私が用事で電気つけっぱなしなのでアイマスクして眠るのです(ゴメンね。電気つけっぱなしで)

日中でも家にいるときは、アイマスクをカチューシャのようにつけています。安心なのでしょうか? ごく最近のこだわりです。

スポンサーリンク




ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 独身シニアへ
にほんブログ村

ブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村


人気ブログランキング



 

関連記事

  1. 決めつけの極致「インディアンの教え」が問題行動に役に立つ

おすすめ記事

  1. 久しぶりの投稿です。実はお勤めしはじめたので忙しかったです。
  2. 古い民謡の囃子言葉は、ヘブル語由来。勾玉はヤハウェを表す?
  3. 重度知的障害者の親知らず抜歯手術と経緯/障害者対応歯科
  4. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ
  5. お節集めました。おせち料理のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2016年12月
    1月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
ページ上部へ戻る