メタ情報

トランボリンで感覚統合と脳機能改善を願っていました。

2017-11-08

目次


もう27才になるので、記憶のあるうちに幼少期の様子や取り組んだことを書き残しておこうと思います。



トランポリンにあけくれた三歳児の頃

そのころに読んだ本にドーマン法について書かれていたものがあり、アスレチックが良さそうとか、トランボリンで第二の心臓でもあるふくらはぎの血流を良くすれば、脳機能が改善するとか。ハイハイが脳に良いとか。息を止めてプールで泳ぐと二酸化炭素過多になって脳の関門を通り抜けて脳機能改善とか(怪しいのもひっくるめて)手当たり次第にいろんな自己流療育に必死でした。

なにしろ療育センター飛び出したわけですから。その分の時間をわが子に良いかかわりをと必死でした。

手作り教材もたくさん作りました。そのころは 公園のうんていだって端から端までできました。(今はぶらさがるのだって無理ですねー重いし^o^;)

トランポリンにうちの子は、とてもはまりました。私のリアクションが面白かったのだと思いますが。

楽しそうにオーバーリアクションで、お手てつないで「ぴょーんぴょん。大きく大きく。上手上手。ピョンびょーん」とか、うるさいくらい声かけて、うちの子はキャッキャッと喜んでいました。

自分で言うのもなんですが、子供の乗せ方は上手いです。おちょくり方も上手いです。コツは自分も周りも「楽しい! 面白い!」と暗示にかけるようなリアクションというか。保母さんの多くはそういう子供を盛り上げる乗せ方が上手い人がいますね。

「自分も楽しい」と暗示をかけるのがコツです。オーバーに喜ぶと子供もつられて喜びます。コチョコチョ遊びも毎日して笑わせていました。

 

スポンサーリンク




昼間はトランポリンで疲れてコテンと夜はすぐ寝ます

毎日 千回ぐらいピョンピョンしていたかもしれません。何か他のこともして トランポリン 何か勉強して ご褒美にトランポリン そんな感じで一日に10分くらいずつ何回も飛んでいました。両手つないで 上に引っ張り上げるように高く高くが面白かったようです。

トランボリンは感覚統合療法的にもとても良いようです。毎週のドライブでも、トランポリンのある遊園地に良くいきました。自宅のトランポリンよりも大きなトランポリンは高く飛び上がるので何倍も面白いのです。

自宅でも昼間十分運動して疲れているので、うちの子も私も疲れてすぐ眠る毎日でした。

睡眠は大人になっても21時には眠くなり、朝5時半から起きるうちの子です。もうちょっと寝ときと言うとお布団に戻るのですが、すぐまた起きて自分の椅子に座っています。一時期やっていた朝のウォーキングを復活させないといけないなと思いつつ、人工関節の私は冬は関節が痛むのでサボリがちです。

毎週あちこちのアスレチック公園までドライブ

嵐山の山頂遊園地に200円で何分か飛べるトランポリンがありました。妹と二人分で千円分遊ばせていました。それと滑り台して。滑り台もいろんなロング滑り台を滑りました。私も滑ってみたことありますが大人は滑り台は怖いです。体重のせいかとんでもないスピードがでます。二度と乗りたくないです^o^;それだけのために嵐山までドライブしていました。景色やお弁当の楽しみもありましたが。

あの頃は府内のアスレチック公園を見つけては、かたっぱしから出かけていました。

子供しか登れないようなトンネルをいろいろ組み合わせたような、高いアスレチックには冷や冷やしました。戻れなくなって飛び降りかけるし落ちたらケガします。高さの恐怖が無いようでとんでもなく高いところまで登りますし。大人はそこまでいけません。

なんとか身振り手振りで子供を誘導し、手の届くところまで来た子供を捕まえましたけど。どうなることかと思いました。そこは二度と行きませんでした。

うちの子も大人になるとトランポリンや滑り台には見向きもしなくなりましたね。

大人になっても好きだったらとっても困ります。私は人工関節の障害者ですからね。

今でも家の中ではうろうろいろんなことして多動ですが、じっとしているより健康に良いです。

DABADA(ダバダ) トランポリン 大型102cm【耐荷重110kg】簡単組立 子供から大人まで使用可能 (ピンク)

これと同じの当時持ってました。値段見てビックリ。3990円て、当時の半額以下じゃないですか?

どうして20年前のほうが高いの?9000円くらいしましたよ、当時。今の人、うらやましい。

療育サービスは充実しているし、物は安くなってるし。

普及すると物は安くなるのですね。液晶TVだって今は安いですものね。

中でも中国製品の安さにはビックリですね。

だから日本の企業、中国製品に負けるのですね。

できるだけ国産を買おうと思いますが。やっぱり安いほうがいいけれど。日本製がんばってほしいです。

お手てヒラヒラさせるのは自発的脳機能改善?

自閉症児の特徴に手の平をヒラヒラ回転させるという行動がありますね。

うちの子も手の平、回転させていました。このお手てヒラヒラって、自分で脳の血流をよくしようとしているのだと思うのですよ。

貧乏ゆすりもそうです。膝をガクガクさせたりするのも、無意識に脳への血流を増やそうとしていると思うのです。

それ以外に理由がわかりません。

キリキリ回りもよくしました。突然、ぐるぐると回りだすのです。

今にして思えば、めまいがあったのでしょうか?めまいを戻そうと逆回りしているかのような様子でした。

このころは耳石の調子が悪かったのだと思います。

(耳石については別記事にします)

とにかく血流をよくすることは良いことですし。手指を動かす工夫もたくさんしました。

ブランコにはまる小学生時代

小学校にあがると校庭にブランコがありました。毎週、用事の無い時はあちこちの公園でブランコもよくさせていました。長い鎖のブランコはそりだけ高くあがるしスピード感もあり、うちの子はブランコ大好きでした。

ブランコの風を感じて、脳がスーッと動く感じ、これも感覚統合にとても良いです。

療育センターでも重複障害のお子さんを大きな布の中に入れて、療育者二人で振り回してブランコのようにしているのを見たことあります。

振り回す刺激も脳の機能改善に良いと思います。落馬で全身不随になった競馬騎手さんがリハビリで逆さ刷りになって振り回されているのを知りました。その騎手さんには効果あったようです。

ブランコも休み時間ごとにブランコしていて。立ち漕ぎも上手でした。

思えば、ブランコにはまりだしてから、キリキリ回りはいつの間にかしなくなっていました。

まだまだいろんな療育は続きます。

スポンサーリンク




ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村
にほんブログ村 シニア日記ブログ 独身シニアへ
にほんブログ村

ブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村


人気ブログランキング



フォローする