閉じる
  1. 重度知的障害で重度自閉症と幼児期に診断されて、大人になった今は?
  2. 重度知的障害児の問題行動は、こうやって改善した。他害行為も
  3. 発達障害もあらゆる病気を改善するアロエベラ。
  4. お節集めました。おせち料理のページ
  5. 稼げるライティング
  6. 「普通学級」「支援学級」「支援学校」それぞれのメリット・デメリットに思…
  7. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ
  8. 発達障害児に飲ませる抗精神薬は覚せい剤と言うことを知っていますか?
  9. 恐ろしいADHD治療薬の実態
  10. 障害児の子どもが居ても稼げる在宅ワークのいろいろ
閉じる
閉じる
  1. 韓国ウソの歴史と日韓関係、ウソは是正すべきでしょ!
  2. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ
  3. 三組三様の不倫疑惑がらみ会見に見るリスクマネジメント能力
  4. 『弓と禅』にみる日本の精神、相撲道、弓道、武道の心
  5. モンゴル力士会の八百長疑惑がもめ事の真相では?相撲のルーツ
  6. 年末年始はワイン飲んで歌いまくります。おうちで”(-…
  7. 正史を捨てた韓民族。半島南部は倭人が支配していたと載ってるものだから(…
  8. 韓半島は五千年間無人で。南部には倭人が住んでいた。(1)
  9. ムチンについての間違い!植物性ムチンは無い!
  10. スサノオノミコト=スサ(ペルシャ)の王=帝釈天=ソシモリ=牛頭天王(1…
閉じる

そこはかとなく愉しからずや

中2のスキー学習の予行演習の思い出

 *写真はPhoto AC提供のイメージです

今年は暖かすぎる新年ですが、寒くなるとスキーシーズンですね。

うちの子の中学時代のスキー学習を思い出します。スキーの滑降をさせてもらったのです。

中学担任の先生次第で地獄か天国か

地域の普通中学に通う重度知的障害者でしたが、2年の時の担任の先生に恵まれ、スキー学習にも連れて行ってもらえました。1年生の時は最悪の担任の最悪の対応に散々な目にあいましたが。

(1年の時の担任は、ようするに障害児など受け持ちたくない。なんで居るんだ。という対応で、入学式から不機嫌な顔でした)

小学校でもいろいろありましたが、普通に遠足やキャンプ学習、修学旅行も付き添いなしで子供たちだけの大部屋泊まりで大丈夫だったようです。(様子わかりません。大丈夫でしたとしか説明されてなかったので。小学校はいろいろ問題はありましたがよくしていただきました)

スポンサーリンク




小学校の時は学校ぐるみで関わっていただけました。

それでも学校全体の半数の先生が受け入れ反対。半数の先生が受け入れていくべきだと二分していました。

小学校では、重度知的障害の自閉症スペクトラムのセブンお嬢がみんなといっしょに組体操ができたのですよ。1年生の時から団体競技のダンスは得意でした。

私も毎日のように手遊びしたりアルプス一万尺の歌でやる手合わせ遊びが大好きでした。

私生活でもオートキャンプに15年連れまわし、毎週アスレチック公園で遊び、京都まで発達外来のセッションに通っていました。

当時は障害児手当の全額をキャンプやアスレチック公園への毎週ドライブにつぎ込んでましたから。たっぷり遊ばせてました。

お泊り体験も豊富でした。

特別児童扶養手当・特別障害者手当等 |厚生労働省 

本当に助かる特児手当でした。これがなかったら、毎年キャンプや毎週アスレチックやセッションに通えませんでしたもの。

すべて子供のために使い切ってました。

行事や体験の前に必ず予行演習してました。

これは幼稚園時代から、予定行事のプリントが配られますから。遠足や見学の場所に、私が子供と事前に体験に行ってました。

自閉症児というのは、初めての体験に弱いのです。それがわかっていたので、すべて事前に体験させて、行動を把握して注意点は担任の先生につたえておきました。「そこまでようやるね」とはあきれられますが。私も楽しいですし、うちの子も「ここ知ってる」という自信になるのです

幼稚園時代から初めての道を通ると泣き喚いていたセブンお嬢ですが、毎日毎日あえて、違う道を通って、泣き喚く子を抱っこでヨシヨシだけで克服してきたので。

どんなところでも行けます。どんなところでも行けるけれど、トイレの場所確認は大人になっても直りません^o^;

(確認させたら大人しくなるので「確認行動」を強化してしまって反省していますが、それはそれでOKとしています。

最初にトイレの場所を見にいけば納得してあとは大人しいのだから強化しちゃったけどしかたがない(笑))

「バーっと走り出して行ったらトイレに向かってますから、トイレの個室全部見たら納得して、集団行動とれますから」と事前に担任の先生に伝えておくと、心得た先生は事前にトイレ確認させてくれてあとはみんなと団体行動、不都合なくできたと報告していただけます。

もし事前に体験させてなくて「バーっと走り出したら?」どうなっていたでしょう?

トイレ確認させずにつれ戻して、また隙を見てトイレ確認に行く。とても団体行動とれない。これじゃ普通学級に居られない。ということになったと思うのです。

今は発達障害児支援法ができて、すべての発達障害児への支援も充実して付き添いの先生も加配してもらえるのかもしれませんが、うちの子の時代は発達障害児支援法施行前でしたからね。普通学級に重度知的障害児を通わせるからには、親の努力と覚悟なしには難しかっただろうなと思います。

中学2年生はいろいろと行事も多く、就業体験でしたか、仕事の体験に出かけたり、思い出たくさんいただけました。

スキー学習の前にスキーに連れて行く

スキーも事前に体験しておこうと、近場のスキー場に連れて行ったのですが。

私は何十年ぶりかのスキー。たしか二十歳のころは滑れたのに、なんとぜんぜん滑れなくなってました(ショック。体重のせいか)

滑るところか立てません。転ぶと一人で起き上がれません^o^;

ちっとも事前体験できず。下の妹だけインスチラクターさんにお願いしたら、小学6年の妹は初めてのスキーでいきなり滑れましたよ。

私も小学生のころは滑れました。小学生が運動能力のピークですね。

セブンお嬢はインストラクターさんの介助でヨチヨチ歩き。めちゃビビってました。

私は役立たずですし。リフトだって一人乗り。落ちたら死ぬかもしれないし。インストラクターさんに、セブンお嬢はお断りして妹だけお願いしました。

その様子を中学の担任の先生に、スキー学習は無理かもーと、私自身がぜんぜん滑れなかったこと伝えてました。

ところが、中学の先生スキーできる人多いのですね(先生たち凄い)(毎年スキー学習あるから当たり前かも)

私ができなかったスキー滑らすの、リフトに一緒に乗って、インストラクターさんの腰にだきついて滑るセブンお嬢のスキー滑降姿を写真に撮っていただけたのですよ。

スキーさせていただけたんだ!しかも写真まで撮っていただいて、涙か出るほど嬉しかったです。

2年の担任の先生はそれからも体験学習のセブンお嬢の写真を個人的に撮ってくださり、アルバム帳にたくさんの写真をいただきました

体験学習で工場で箱を組み立てる作業をセブンお嬢がしているところ。スポーツクラブのインストラクタヘー体験として?として自転車こぎしているところ(笑)。お菓子屋さんでエプロンして売り子して袋にお菓子入れているところなどなどいろんなうちの子の体験の様子の写真でした。

この写真集がのちに役立ちます。

普通定時制高校受験準備に写真集

普通定時制高校に行こう(普通重度知的障害で受験しよとか思わないよね^o^;)。とりあえず受験させる意気込みで、受験の一年前から某定時制高校を訪問し、重度の知的障害児だけれど受験したいとの意向を伝えました。対面していただけたのは当時の教頭先生でした。

一年も前からの受験の様子うかががいに訪問すると「あなたのように一年も前から、受験の意思を伝えに来ていただけると助かります。事前に準備ができますからね。」と思いがけなく良い対応をしていただけたのです。(門前払い覚悟の訪問でした)その時にお見せしたのが、中2の担任の先生にいただいたうちの子の写真集です。

これはスキー学習で滑降しているところ。お仕事体験で・・・と説明すると、とても興味深く教頭先生は見ておられました。

その後、私は知りませんでしたが(後から聞きました)高校側から数人の先生が中学までうちの子の様子を見に来ておられたとか。

障害児の受験は中学の先生がテストに付き合うのが原則です。そういう意思確認やら様子やら高校側から見に来ておられたのです。

それは合格して入学したあとに聞きました。

高校では、ラフティング体験させてもらう

 *写真はPhoto AC提供のイメージです

定時制高校は予想外によくしていただきました。初めて重度知的障害者を受け入れる普通定時制です。先生も重度知的障害児は初めての方がほとんど。

高校での修学旅行でラフテイング体験させていただけました。急流川くだりです。

ライフジャケット着こんでゴムボートで川をくだるヤツです。実は、中学でもラフテイング体験はあったのですが、私が知識なくて、少しは泳げるうちの子でも急流の川だから落ちたら死んでしまう。とビビった私が断っていたのです。

うちの子は一人別に待たされて不満そうだったそうです。可哀想なことしました。

それを聞いておられたのか。プールで泳げること知ってますし、潜れるのも知ってるし。高校ではラフテイング体験させてもらって、ゴムボートからなんども飛び込むのもやらせたもらって、みんなとキャッキャッと大はしゃぎしていたそうです。

最初から「無理」とあきらめずになんでも体験させてあげるべきですね。貴重な青春時代です。同年代の子と同じ体験をさせてあげるべきです。

障害者施設に行きだすと障害者らしくなる

最初に言いますと、学校卒業して障害者施設を渡りあるくうちに、小学生のときはできたダンスのスキルや団体行動のスキルは退行しています。

できることも増えますが。学童期にできていたことができなくなっていることもたくさんあります。

学童期や高校生活は、健常者の中で模倣することで、一見、普通にできていることが多かったようです。

とにかく「真似する」模倣力だけはありました。

今は退行したことでも、(太ったせいもあります)青春時代を同年代の健常者と同じ時間を過ごせたことはとてもありがたい体験でした。喜怒哀楽のハッキリしていた時代です。

今も喜怒哀楽はありますが、大人になって穏やかになり、めったに怒ったり泣き喚いたりしません。よく笑います。恥じらいもあります。

でも見かけはすっかり知的障害者になっています。知っている人には一目で障害者とわかります。

地方でそうとは知らない人に普通に話しかけられたリしますが。

誤解されないように言いますと、障害者施設は障害者にとても寛大で優しいです。包み込むようです。

うちの子も荒れるようなことはめったになくなりました。行事もあるし、いつも喜んで通っています。今通っている障害者施設が一番良いです。

実は虐待でTVニュースにもなったようなところにも通った経験があります。知ったら即刻、退所してことなきをえましたけど。障害者施設もピンキリがあるのですよ。

学童期、健常児の中で模倣していたうちの子は一件普通っぽかったです。

精神的にも安定している障害者施設は、障害者ばかりが通っているわけで、うちの子も、いつしか障害者らしくなっていきました。

はりきって施設に通所していますし。楽しいこともたくさんしていただけていると思います。

でも見た目が障害者になってきています。幼児期小学生時は健常児と見分けつきませんが、どのお子さんもそうだと思いますが、大人になると障害者らしくなります。

歩き方も変です。いかにも障害者な歩き方をします。

これが本来の姿なのか?

健常者の中で一生懸命模倣していたただけなのか?

よくわかりません。

どっちにしろ療育センターでもっとも重度と言われた三歳児でしたけどね。

それでも過去いろんな体験をしてうちの子はたくさん喜びました。良い笑顔を見せてくれました。

とても良かったと思っています。

今は、静かに障害者やってます。

楽しい思い出作り、なにもしなかったよりは、たくさんの体験ができたことは良かったと思います。

今は、家では毎日、洗濯担当の主婦しているうちの子セブンお嬢です。ここに週間ほど私は洗濯してません^o^;

セブンお嬢も主婦として役立つ家族やってくれています。

 

関連記事

  1. 「普通学級」「支援学級」「支援学校」それぞれのメリット・デメリッ…

  2. 初めて覚えた単語は「赤」でした。定時制高校は一般入試でした。

  3. 重度知的障害児の普通学級卒業式の思い出

  4. バレンタインに職員室でチョコ配るセブンお嬢w

  5. 普通級を目指すなら遅くとも2月までに目的の学校校長・教頭と相談す…

おすすめ記事

  1. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ
  2. お節集めました。おせち料理のページ
  3. 障害児の子どもが居ても稼げる在宅ワークのいろいろ
  4. 重度知的障害で重度自閉症と幼児期に診断されて、大人になった今は?
  5. 「普通学級」「支援学級」「支援学校」それぞれのメリット・デメリットに思うこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る