閉じる
  1. 重度知的障害者の親知らず抜歯手術と経緯/障害者対応歯科
  2. 障害児の子どもが居ても稼げる在宅ワークのいろいろ
  3. 久しぶりの投稿です。実はお勤めしはじめたので忙しかったです。
  4. 「普通学級」「支援学級」「支援学校」それぞれのメリット・デメリットに思…
  5. 在宅ワークが一番と判明
  6. 発達障害児に飲ませる抗精神薬は覚せい剤と言うことを知っていますか?
  7. 発達障害もあらゆる病気を改善するアロエベラ。
  8. 重度知的障害で重度自閉症と幼児期に診断されて、大人になった今は?
  9. 稼げるライティング
  10. お節集めました。おせち料理のページ
閉じる
閉じる
  1. 在宅ワークが一番と判明
  2. 久しぶりの投稿です。実はお勤めしはじめたので忙しかったです。
  3. ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の理解のための旧約聖書のあらすじ
  4. 古い民謡の囃子言葉は、ヘブル語由来。勾玉はヤハウェを表す?
  5. 相撲界の決まりごと、相撲用語、調べてみました。
  6. 重度知的障害者の親知らず抜歯手術と経緯/障害者対応歯科
  7. 韓国ウソの歴史と日韓関係、ウソは是正すべきでしょ!
  8. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ
  9. 三組三様の不倫疑惑がらみ会見に見るリスクマネジメント能力
  10. 『弓と禅』にみる日本の精神、相撲道、弓道、武道の心
閉じる

工夫info!

分子整合栄養医学という考え方

*画像はPhoto ACより

昔は(うちの子が幼児期の25年くらい前)、分子整合栄養医学なんて言葉さえも知りませんでした。

今は、オーソモレキュラー療法や、分子栄養学や、分子整合栄養医学やら、生体恒常性(ホメオスタシス)やら、学会もでき、医療機関でも取り入れられているところが増えているようです。

分子整合栄養医学というと、なんだか難しくてとっつきにくいですね。しかも私は分子整合栄養医学について専門的に勉強したわけでもなく、当時、勘でやってきたことが分子整合栄養医学的だなと思っているわけです。専門家さんから見たら違うと言われるかもしれませんが。

 

スポンサーリンク




私がセブンお嬢の小さい時に考えた分子整合栄養学もどきは

障害がある。→脳が傷ついている(出産時に頭がかなり歪んでしまいました)→自然治癒力があるはずだ→自然治癒力のためには栄養が必要だ。→傷ついた脳の回復には、脳の細胞の新陳代謝のために細胞を作る材料(栄養素)が必要だ。と考えたわけです。

正しい分子整合栄養医学については

分子整合栄養医学協会  ←こちらに以下のように定義されています。


分子整合栄養医学とは、ライナス・ポーリング博士により提唱されたもので、分子生物学を重点において、体内に正常な分子バランスを作りだす医学であるといえます。分子整合栄養医学という言葉は医療の新しいパラダイムの方向性を示す造語で、その目指すところは病気の治療ということだけではなく、健康の維持と増進を図ること、すなわち病気の予防に重点をおいています。つまり、体内に通常に存在する物質の至適量を摂取することにより、健康を回復させ維持することを一番重要視しています。

私が勘で実践したことも基本は正しかったと思っています。

ほぼ毎日摂取しつづけてきたのは、「青汁」と「ヨーグルト」と「マルチビタミンミネラル」と「パランスの良い食事」です。

当時(25年ほど前)に読んでいたたくさんの本の中で、印象に残っているのがメガビタミン療法の本でした。しかし当時はメガビタミン療法を受ける気はおこらず(そこまではと思っていた)、栄養を考えて青汁を飲み始めました。

当時読んでいた本の中に数行、多動は砂糖の摂りすぎで悪化するジャンクフードで悪化することなどが書いてありました。また、100%オレンジジュースが多動を落ち着かせたとする海外の情報の一文もありました。

また多動を軽減するものとしてチロシンがあげられており。それはタケノコの白い粉に多く含まれると書いてあり、茹でタケノコを買っては、切った中身に含まれる白い粉を積極的にセブンお嬢に食べさせていました。(今はもっと効果的でコスパの良いサプリメントで摂取しています)

しかし当時試みたことは、どれも中途半端な情報であったと思っています。(今は独自ながら徹底して実践しています)

現在は数年前から徹底した栄養計算をしての栄養食を心がけ、サプリメントを多用しています。

一度食材の栄養計算をしてみて不足している栄養素を知る

バランスの良い食事を心がけているつもりでも、実際に食材のグラム数から栄養素を計算してみると、必要な栄養素を完璧に摂ることは難しいことがわかります。

私の場合は数年前に某メーカーのモニターをしていたときに。食品の名前と分量を記入するだけで一日に必要な各栄養素のうち何が足りないかを計算してくれるアプリを借りて、毎日のすべての食事の食品一つ一つを登録して、足りない栄養素、摂りすぎな栄養素を毎日把握していました。

もうそのアプリは利用していません。

アプリではありませんが以下のページで栄養素の計算ができます。

すぐわかる栄養成分ナビゲーター 

こちらのサイトはグリコのHPにあるサービスで、毎日の食事の栄養計算ができます。

料理に使った食材一つ一つの栄養計算ができます。それで一日の必要栄養素のうち不足しているものを次の食事で補うようにします。

一日に必要な各栄養素については

「食事バランスガイド」について|厚生労働省  こちらに詳しく載っています。

一度、よく作るメニューの栄養計算をしてみて、食事バランスガイドの表で比べてみると良いです。

どの栄養素が不足しがちなのかがわかります。

不足している栄養素を次の食事で食べると良いです。一日で完璧な栄養素を摂ろうとしても、難しいですが、一週間単位で一週間のうちのトータルで栄養バランスが摂れていれば良いです。

バランスの良い食事とさらにサプリメントも摂る

現在は計算しなくても頭に入っていますし。サプリメントで補うようにしています。

現在、私もセブンお嬢も同じサプリメントを飲んでいます。私は認知症予防(笑)

補うというより 大目に栄養素摂っています。経口メガビタミン療法みたいなものです。

昔はビタミンを飲むと、身体が食物から栄養素を吸収する能力が落ちるからビタミン剤は飲んではいけないとか、医師が言っていましたが、はなはだ疑問です。

栄養計算してみるとわかりますが食品だけで一日に必要な各栄養素をとろうと思っても無理です。某メーカーの栄養士さんも「栄養士でも食材だけで各栄養素を完璧に摂取しようとしても無理ですね」と言われていました。

ましてや、最近の野菜の栄養素は少なくなっているのです。冷蔵庫に保存しているだけで栄養素は減っていきます。

栄養が増える冷蔵庫はお高いですしね。

情緒も安定してまったく病気もしなくなったうちの子と私

完璧栄養素を摂るようになって数年、セブンお嬢も私も、風邪ひとつひきません。まったくもって健康になりました。

昔は疲れやすく風邪もひきやすかったです。

小さいころはアトピー性皮膚炎が出たことも。外耳炎や鼻水でしょっちゅう耳鼻科のお世話になったこともありましたが。

すべて治ってしまいました。

ほぼ毎日飲んでいるサプリメント

★マルチビタミンミネラル

★必須アミノ酸

★燃焼系アミノ酸

★ピクノジェノール(抗酸化物質)

★アスタキサンチン

★DHA・EPA

★アシドフェリス菌ビフズス菌乳酸菌

★オルニチン

★リジン

★カルニチン

★ビタミンB群

★ビタミンC

★大豆レシチン

★クランベリーエキス

★シリカ

★れんこん粉

★玉ねぎの皮パウダー

★青汁粉

★中鎖脂肪酸オイル

重複している栄養素も多いですが これだけの量を、組み合わせてチョイスして飲んでいます。

体調が悪い気配の時は、全部飲んでいます。

発酵食品も積極的に摂っています。

緑黄野菜も毎日たべるようにしていますし。肉魚卵のタンパク質も毎日摂るようにしています。

糖質は制限気味にしていますが、オヤツは食べています。

サプリメントはメーカーにこだわらず、成分とコスパでチョイスして頻繁にメーカー変えています。

今時分のような寒い時期は花粉症予防で、レンコン粉と マーマレード乳酸菌を毎日摂取しています。

それぞれ単品でも花粉症軽減効果がありますが相乗効果でさらに効きます。(マーマレードは代用で温州みかんの皮が効きます

レンコンと乳酸菌。みかんの皮もそれぞれ医学博士が論文発表されており、臨床結果が出ています。

今年はマスクなしですごしていますが鼻水が出ません。効いていると思います。

これから各栄養素の効果効能についてもお知らせしていきたいと思います。

サプリメントを毎日摂って良かったこと

★風邪をひかなくなった。近所で流行ったノロウイルスも移らない。インフルエンザに罹らない。

★花粉症が完治した

★落ち着きが出た

★情緒が安定している

★美肌になる

★シワが無い(おもに私、セブンお嬢は、はじめからシワありません)

★肌にハリがでる(おもにエイテイ母さん、私)

★元気

★タフ

★意欲的になる

★髪の毛にツヤがでる

★傷の治りが早い

個人の感想ですし、疾患により消耗の激しい栄養素もありますから。場合によれば一日に必要な栄養素の何倍もの栄養素が必要な場合もあると考えられているようです。

そして家では化学物質は一切とりません。薬はいっさい飲ませません。薬で副作用の無いものはありません。添加物もできるだけ避けます。

各、栄養素の消耗は個人差があるということ

★鬱病などはビタミンB群の消耗が激しいそうです。普通の人の何倍もの量が必要とされているようです。

★鬱っぽいときは、大量のビタミンB群とマルチビタミンミネラル。カルシウム、鉄分、抗酸化物質が必要と言われています。

★脳機能向上には、レシチン、アミノ酸(タンパク質)、中鎖脂肪酸、DHA.EPA(青魚の油)、抗酸化物質が良いと思います。

 

★特に抗酸化物質のピクノジェノールは、アメリカでADHDへの作用特許が取られています。

ピクノジェノールは生理痛もよく改善させる事で有名で、うちの子の生理痛はピクノジェノールのおかげで軽減しました。

多動の軽減はピクノジェノールの効果かどうかはわかりませんが、大人になってからは落ち着いています。

以前は生理になると自分でお腹をポンポン叩いて「痛い」と辛そうでした。今はまったく平気です。

ピクノジェノールはフランス政府が国策として生産しているフランス海岸松の樹皮で、紫外線の強いフランス南海岸の松で強い紫外線を跳ね返す抗酸化物質の豊富な特別な海岸松の樹皮です。ピクノジェノールと名乗っているところはフランスからの輸入材料です。

別名称としてフラバンジェノールや、パインバークなどがあります。ピクノジェノールの成分が一番優秀と思います。

地球最強の抗酸化物質と言われているのがピクノジェノールです。ビタミンCの6000倍と言われています。

ピクノジェノール 60mg(フランス海岸松樹皮エキス/アセロラ&ルチン配合) 海外直送品

海外直送品のほうが成分もコスパも良いです。アマゾンで定期購入するとさらに安くなります。

 

 

関連記事

  1. 脳に効く栄養/クスリに頼らず「脳と心」を健康にする

  2. 発達障害児に飲ませる抗精神薬は覚せい剤と言うことを知っていますか…

おすすめ記事

  1. 在宅ワークが一番と判明
  2. 久しぶりの投稿です。実はお勤めしはじめたので忙しかったです。
  3. 古い民謡の囃子言葉は、ヘブル語由来。勾玉はヤハウェを表す?
  4. 重度知的障害者の親知らず抜歯手術と経緯/障害者対応歯科
  5. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年1月
« 12月   2月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る