閉じる
  1. 重度知的障害者の親知らず抜歯手術と経緯/障害者対応歯科
  2. 発達障害もあらゆる病気を改善するアロエベラ。
  3. 古い民謡の囃子言葉は、ヘブル語由来。勾玉はヤハウェを表す?
  4. 発達障害児に飲ませる抗精神薬は覚せい剤と言うことを知っていますか?
  5. 在宅ワークが一番と判明
  6. 障害児の子どもが居ても稼げる在宅ワークのいろいろ
  7. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ
  8. 恐ろしいADHD治療薬の実態
  9. 「普通学級」「支援学級」「支援学校」それぞれのメリット・デメリットに思…
  10. お節集めました。おせち料理のページ
閉じる
閉じる
  1. 自閉症児の育て方?自主的にやりたがる事を伸ばす
  2. ニュース覚え書き
  3. 在宅ワークが一番と判明
  4. ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の理解のための旧約聖書のあらすじ
  5. 古い民謡の囃子言葉は、ヘブル語由来。勾玉はヤハウェを表す?
  6. 相撲界の決まりごと、相撲用語、調べてみました。
  7. 重度知的障害者の親知らず抜歯手術と経緯/障害者対応歯科
  8. 韓国ウソの歴史と日韓関係、ウソは是正すべきでしょ!
  9. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ
  10. 三組三様の不倫疑惑がらみ会見に見るリスクマネジメント能力
閉じる

工夫info!

自閉症や認知症パーキンソン病を改善するというケイ素と、重金属の害について

植物性のケイ素はホースティルと言ってスギナから抽出します。スギナはつくしが大きくなったものですね、つくしもケイ素が豊富です。

自閉症を改善する栄養素としてケイ素が注目されているようです。これについては引き続きケイ素の働きとして調べていく予定です。

じつは、知らずにケイ素サプリメントを10年くらい前からたまに(;^ω^)飲んでました。最近、ケイ素の効能に驚いてまた購入しています。

それは美容目的として飲んでいたわけですが、自閉症やアルツハイマー、パーキンソン病などの脳疾患の緩和に効果ありという記事を見かけ、調べてみました。

10年前からたまに飲んでいたケイ素は、スギナ由来の(スギナの芽がツクシですね)のサプリメントで植物性のケイ素です。

ケイ素はコラーゲンをしっかり結びつける働きがあり、美肌のためにはコラーゲンだけではダメでケイ素の働きが必須なんです。

ケイ素単体とケイ素化合物について

ケイ素は、「珪素」「硅素」「シリコン」とも記載されますが、シリコン樹脂と単体のシリコンは同じ名前ですが別物です。

樹脂系のシリコンはシャンプーやコンデショナーにも添加されていますね。整形の詰め物にされるシリコンもいちおう仲間ですが。

ここではサプリメントや栄養素としてのケイ素についてご説明します。

ケイ素は炭素族元素のひとつで、土壌や水中、動植物などいたるところに含まれている元素です。

化学の時間に薄っすら習ったと思いますが、調べなおして説明します。

水晶は二酸化ケイ素の結晶でSiO2ですね。 ケイ素はSi です。シリカとも言います。

ケイ素の化合物による変化をご説明します。

二酸化ケイ素 SiO2

NaOH水酸化ナトリウムとともに加熱する


ケイ酸ナトリウム Na2SiO3

H2O水を加えて加熱する

水ガラス(無色透明の液体)

水溶液にHCI強酸の塩酸を加える

ケイ酸 H2SiO3  白色ゲル状沈殿

加熱して脱水する

シリカゲル 乾燥剤・吸着剤

他の化合物には半導体や シリコン樹脂など多様な方面でのケイ素化合物があります。

地殻にも大量(マグマまで含めると地球の6割がケイ素です)に含まれ、ケイ酸塩鉱物として大きなグループを形成しています。

私たちの身体を構成し、地球上のあらゆるものに含まれているケイ素ですね。

そこで思い出すのがソマチッドです。存在する場所や働きがケイ素と限りなく似ています。

病は気からの秘密は、ソマチッド(ソマチット)? 

ソマチッドについては過去記事↑に書いています。地球最古の極小で不死の生命体と言われています。

ソマチッドは16変化しますし、多様なケイ素と働きが似ています。ソマチッド=ケイ素、同じものと主張する情報もありました。

病気になるとソマチッドは身体から逃げ出しますが、ケイ素も病気になると減ります。

ソマチッドは逃げ出すときに硬い殻をまといますが、その殻がケイ素ではないかと言われています。

ケイ素も体内で使われたあと、余分なケイ素は尿として排泄されます。

世界で自閉症に効くとされたケイ素使用品のうち、クレイ由来は危険です

私たちの身体がバラバラにならないように、コラーゲンを引っ付けて結びつける働きがケイ素にはあります。皮膚も髪の毛も血管も臓器も脳細胞にも、ケイ素は必須なのです。脳の松果体を構成するにもケイ素は必要です。ケイ素が不足すると、例えば爪は割れやすくもろくなりますし、髪の毛は枝毛切れ毛でもろくなります。血管もケイ素なしでは動脈硬化にもなり血管がもろくなります。皮膚もシワができたり、たるんだり、ハリがなくなります。

自閉症を改善するという理由

松果体で「メラトニン」や、神経伝達物質の「セロトニン」が分泌されており、セロトニンは睡眠ホルモンとも言われ、セロトニンは興奮ホルモンとも言われます。ケイ素が十分に補充されていると松果体の機能も回復し、睡眠や精神の安定につながるのではないかと言われています。

ケイ素が体内で神経細胞に取り込まれた際には微振動が起こり、脳神経細胞の再生を促す可能性もあるとも言われています。

自閉症は有害な金属の蓄積が多い説もありますし、腸の弱い子が多数いることからして腸内フローラのアンバランスとの説もあります。

ケイ素は有害な重金属を吸着して、排泄する機能あると言われています。

腸もケイ素が構成している臓器ですので、ケイ素が十分あることが腸の新陳代謝にも不可欠です。そのように多様なケイ素の働きにより、自閉症やアルツハイマー認知症、パーキンソン病の症状を緩和するのではないかと言われています。

そんな中で気をつけなければいけないのが、クレイ由来のサプリメントです。クレイとは粘土ですが、ケイ素以外に、ヒ素や鉛も含んでいる場合があるとして、英国FSAでは、注意喚起をしています。

 

ベントナイトは危険

「ベントナイト」というクレイ商品は、含水アルミニウムであり、ケイ酸塩を含むとしてサプリメント利用されますが、ケイ酸塩以外に有害物質を含むので飲まない方が良いです。

またケイ素の長期間大量服用により、腎結石の症例も多数報告されています。乳幼児にシリカウォーターで8ヶ月ミルクを作って飲ませていたところ、腎結石になった事例も報告されています。過剰摂取には気をつけたいです。

またベントナイトを飲んで、浣腸をした女児がミネラル吸着阻害により、低カリウム症になりました。

鉱物由来の結晶のケイ素には他にも危険なことがあります。

猫のトイレの砂(ベントナイト)の使用や、工事における粉塵の、長期間吸引により、呼吸器症状の事例が出ています。

猫の砂をトレイに移す時には、十分な換気と、吸わない注意が必要ですね。

スポンサーリンク



 

重金属を排泄するケイ素。重金属の害について

重金属の害については、昔から有名な事件というか公害がありますね。

教科書にも載っていますからご存じの方も多いと思います。

メチル水銀による水俣病

最近では、魚食が身体に良いわけですが、同時に魚に含まれる水銀も問題になっていますね。

水銀による公害と言えば、1950~60年に多発した水俣病が有名ですね。工場が垂れ流した、廃水汚染により、メチル水銀を大量に含む魚介類を日常的に食べていた人たちの間に起こった公害被害です。

水銀による症状は、感覚障害、運動失調、構音障害、求心性視野狭窄があり、具体的に説明しますと、手足や口周辺のしびれから始まり、言語障害や、視野狭窄、運動障害や聴力障害などが起こる中枢神経系の病態です。

軽いものでは、手足のふるえ・しびれ・集中力低下・不眠・視力低下・疲れやすい・情緒不安定・頭痛・言語障害などがあります。

水銀は食物連鎖により、大きな魚に多く蓄積されていくので、魚はできるだけ小魚を中心に食べ、大きな魚(クロマグロやメカジキ、キンメダイなど)は80gを、週に1回以上食べないほうが良いと言われています。大体において、赤味の魚より白身の魚のほうが水銀の蓄積量は少ないです。

厚生労働省の発表によると、妊婦さんが食べても良いものとして、ツナ缶、キハダ、アジ、イワシ、サバ、サケ、サンマ、タイ、ブリ、カツオ、などは普通に食べても良いそうです。

あまり食べないほうが良いものは、クロマグロ、メカジキ、キンメダイ、フカヒレなどです。

また、舐めては危険なものとして、電池、防カビ剤、農薬、柔軟剤、Ag制汗剤などがあります。昔の歯の金属の詰め物のアマルガムも含まれます。

 

カドミウム汚染によるイタイイタイ病

原因、鉱山から排出されたカドミウムに汚染された水田で育った米や農作物を食べた人々に発症したイタイイタイ病があります。

カドミウム中毒による症状は、初期は、多尿、頻尿、口渇、多飲、便秘から、多発性近位尿細管機能異常症が進行し、骨量が減少し、立ち上がれない、力が入らないなどの筋力低下がみられるようになります。全身が痛み骨折が増え、腎不全にもなります。痛い痛いと叫ぶためイタイイタイ病といわれるようになりました。公害以外にもカドミウムは自然界にも含まれ、人体にも少量は含まれています。

イタイイタイ病になるような高濃度のカドミウム汚染は現在では無いと思いますが、カドミウムは人体で蓄積されるものです。

軽い症状としては、脱毛、疲労、貧血、神経過敏、血圧上昇、腎機能障害、骨折などがあります。

カドミウムが含まれるものとしては、メッキ製品、電池、排気ガス、タバコ、玄米、米などがあります。農作物は土壌の汚染具合によります。

ヒ素中毒

和歌山ヒ素カレー事件で有名ですが、死亡する猛毒ですが、ヒ素中毒の軽いものでは、疲労感、神経症状、手足のしびれ、胃腸障害、色素沈着などがあります。

ヒ素が含まれるものは、除草剤、殺虫剤、海藻類、野菜、果物があります。

 

 

鉛中毒

鉛も身の回りに多く、古い水道管から鉛が溶けだすケースが多いようです。

鉛の症状としては、不安感、イライラ感、めまい、貧血、骨や筋肉痛、頭痛、貧血、発ガンです。

鉛が含まれるものは、水道水、有鉛ガソリン、ハンダ、メッキ製品、殺虫剤、塗料、油絵具、蓄電池、ヘアカラー、除草剤などがあります。

ニッケル中毒

ニッケル中毒の症状は、無気力、疲労、不眠、下痢、皮膚炎、発ガンなどがあります。

ニッケルが含まれるものは、マーガリン、タバコ、ニカド電池、メッキ製品などです。

 

このような重金属を吸着して排出させるのがケイ素の一つの機能です。

以下に国内で販売されている安全なケイ素の主要メーカーをご紹介します。

それぞれのバナーをクリックすると、そのメーカーのケイ素解説や販売コーナーに飛びます。

様々な効果のあるケイ素は自閉症児のみならず、すべての人の健康的な生活に不可欠であると言えますね。

 

YouTubeで検索すると。ケイ素の効能がよくわかるケイ素の実験動画がたくさんあります。

https://www.youtube.com/results?search_query=%E3%82%B1%E3%82%A4%E7%B4%A0

酸性が数的でアルカリ性になったり、浸透力が増したり、農薬が除去されたり、水と油が乳化したり、ケイ素を摂取して髪や爪や肌が美しくなった報告も多数あります。

 

様々な番組でもケイ素の効能の凄さについて取り上げられてきました。

 

 

海外サプリメントの説明書き、よく読まないといけませんね。もう飲まずに捨てます(*´Д`)

 

しかもカルシウムやマンガンも入ってます。吸着するから無駄なような気がします(;^ω^)

アミノ酸キレートからとありますね。

キレートについても調べました。

キレートとはデトックス用語でもつかいますけど、吸収を良くしているわけですね。

ミネラルの吸収について

ミネラルの吸収率はそれほど高くはなく、平均して数%で比較的高いとされるマグネシウムでも30%~50%ほどです。そんなミネラルですがキレートにより吸収率が高くなります。通常ならひとつの入口を複数のミネラルで奪い合う形で吸収が進行するため吸収効率も悪くなるのですが、キレート化されたものなら別の入口からも簡単に吸収されることが出来るので吸収効率が高くなると言うわけです。

キレートとは

そもそもキレートとは何なのでしょうか。キレートとはミネラルイオンが2分子から3分子のアミノ酸で挟まれた状態のことを指す言葉です。このアミノ酸キレートをAACと言います。そして吸収率が高くなるようミネラルをあらかじめキレートしておくことをキレート製法と言います。キレートの仕組みはカルシウムやマンガン、鉄、亜鉛などのミネラルで確認されています。

体内でキレート

カルシウムのサプリメントには無精製カルシウム、AAC(アミノ酸キレート)カルシウム、炭酸カルシウム、リン酸カルシウム、グルコン酸カルシウム、クエン酸カルシウムなどの種類があります。無精製ミネラルとは自然な状態でキレートされたミネラルのことです。

炭酸やリン酸と結合したミネラルを有機酸ミネラル、グルコン酸やクエン酸と結合したミネラルを無機酸ミネラルと言います。有機酸、無機酸ミネラルは遊離(イオン化)しやすく、遊離したミネラル(ミネラルイオン)は、体内で食事中のタンパク質が消化されてできるアミノ酸やペプチドと結合することでAAC(アミノ酸キレート)ミネラルとなり吸収率が高まります。したがって有機酸、無機酸ミネラルを摂取する場合は食事と一緒に摂取することが大切です。

食事と一緒に摂取する重要性

有機酸、無機酸ミネラルを食事と一緒に摂取することの重要性は、吸収効率の面からだけでなく他にもあります。
もし食事をせずに有機酸、無機酸ミネラルとビタミンCを摂取すると、ミネラルイオンとビタミンCが反応して
有毒なフリーラジカルの一種である過酸化水素が発生する恐れがあるのです。
そのため安全面からみても有機酸、無機酸ミネラルは食事と一緒に摂取することが好ましいのです。

恐っ(@_@;) シリカのサプリたまたま食後にすぐ飲んでたから良かったですが、空腹でビタミンCと飲んでたら大変です

過酸化水素が発生するんですって。知り合いの科学者さんに聞いてみたら、オキシドール飲んだようなものですって(@_@;)

まったく危なかったものです。なんとなく飲み辛いのであまり飲まなくて良かったです。

上記のバナーで紹介しているシリカは水溶性のものばかりで、水溶性は安全とされています。

厚生労働省の身体に安全な栄養素としてケイ素は紹介されています。鉱物由来の結晶のものが良くないわけですね。

錠剤もホーステール100%なら問題なかったのですが、ベントナイトのクレイ入りなんてね。

どの土壌のクレイかにもよりますが。土なんか食べたくないです。

注意喚起しているのは英国たけですが、国により基準が違いますから、世界の情報もあたるべきですね。

日本でのキレートミネラル

日本ではキレートミネラルの製造、販売、輸入販売は認められていないそうです。
これは厚生省がまだ認可していないためです。海外からの個人輸入のみ入手することが出来ます。
無精製ミネラルについては日本でも市販されています。

Silica is a naturally occurring element necessary for the production of collagen and elastin, two structural proteins important for the health of skin, hair, and nails. It is also a component of these bodily structures. NOW Silica Complex is a unique blend of nutrients that support the health of skin, hair and nails, structural features essential to natural beauty, along with the integrity of joints and bones.


シリカは、皮膚、髪および爪の健康に重要な2つの構造タンパク質であるコラーゲンおよびエラスチンの生成に必要な自然発生元素である。 これはまた、これらの身体構造の構成要素でもあります。 今すぐSilica Complexは、肌、髪と爪の健康、自然の美しさに不可欠な構造的特徴、関節や骨の完全性をサポートするユニークな栄養素のブレンドです。

他に、シリカ水もよく買います。しかしシリカ水は沸かすとよくないので、飲むのは夏場だけで、冬は冷たいので飲んでいません。
 

シリカが多く含まれる食品

食品に含まれるケイ素は安全と厚生労働省が保証しています。

ケイ素の多い食品(100gあたり)

雑穀のキビが100g中にケイ素500mgも含まれています。

次に多いのがジャガイモ200mg

小麦160mg       青のり62mg 赤かぶ21mg   とうもろこし20mg   アスパラガス18mg  ひじき10mg

乾燥わかめ7mg  玄米5mg  あさり2mg   精白米0.5mg

ケイ素は胚芽に多く含まれますから、精白米から玄米や胚芽米に変えるとケイ素が吸収しやすいですね。

いろんな麦から作るビールは、ケイ素の吸収率が高いそうです。ビールですから水溶性のケイ素ですしね。

ビールも利尿作用高いですしデトックス効果ありますね。

ケイ素は上手に摂って不足しないようにしたいものですね。
水溶性のケイ素を飲み物に混ぜて補給するのに最適なケイ素があります。

キビは小さい雑穀ですから、炊飯するとフタについてしまいますから、キビ単体で鍋て炊いて、あとからご飯に混ぜたり、サラダにまぜたりすると、ケイ素が多くとれますね。

成長期のお子さんから更年期までケイ素は大切な栄養素です。

そうそう最近知ったのがラッキョウもケイ素が多いです。うちはカレーにはラッキョウかかせません。

 

ぜひケイ素を意識して摂取してみてください。

おすすめ記事

  1. 在宅ワークが一番と判明
  2. 古い民謡の囃子言葉は、ヘブル語由来。勾玉はヤハウェを表す?
  3. 重度知的障害者の親知らず抜歯手術と経緯/障害者対応歯科
  4. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ
  5. お節集めました。おせち料理のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年3月
« 2月   4月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
ページ上部へ戻る