menu
閉じる
  1. 恐ろしいADHD治療薬の実態
  2. 稼げるライティング
  3. 発達障害もあらゆる病気を改善するアロエベラ。
  4. 発達障害児に飲ませる抗精神薬は覚せい剤と言うことを知っていますか?
閉じる
閉じる
  1. 発達障害、自閉症関連ニュース速報5/23自閉症者が人類社会に「不可欠」…
  2. スマートドラックとは?頭の良くなる危険な薬。脳に良い栄養食品。
  3. いかのおすしでどんな人間かバレるが話題。イジメ、ゼッタイ、ダメ。イジメ…
  4. アニキサスの症状と罹った芸能人。アニキサスに注意。アニキサス予防。
  5. 発達障害、自閉症関連ニュース速報5/5。自閉症児の平均寿命36歳。薬害…
  6. 脳に効く栄養、不足すると起こる障害。ブレインフードとは?
  7. 発達障害、自閉症関連ニュース速報5/4 自閉症児の睡眠障害、偏食
  8. 発達障害、自閉症関連ニュース速報5/2。短命な自閉症者にならないために…
  9. 発達障害、自閉症関連ニュース速報5/1。スイスの自殺ほう助団体に登録し…
  10. 発達障害、自閉症関連ニュース速報4/30。自閉症本とグッズ紹介4
閉じる

工夫くふうkuhuuくふう工夫

脳に効く栄養、不足すると起こる障害。ブレインフードとは?

母体の栄養状態により胎児に起こる障害があきらかになってきています。
最近では妊活には「葉酸」の摂取が必須であるとの啓発記事も見かけるようになりましたね。

葉酸はビタミンの一種で葉酸が母体に不足すると、無脳症という脳が無い状態の赤ちゃんが生まれたり、二分脊椎症という肢体不自由児の赤ちゃんが生まれることがあります。
無脳症は、受精3~4週ごろに脳の神経管障害により起こるものです。脳組織がまったく無いのではなく、大脳の一部と小脳の一部が形成されないため、母体の胎内では
生きていられるのですが、出生後一週間以内に死亡してしまうことがほとんどです。まれに生きておられてTV番組で育てられているご家族を拝見したことはあります。

二分脊椎症協会では葉酸サプリメントの摂取を啓発する活動をされています。
二分脊椎症とは | 日本二分脊椎症協会 : http://sba.jpn.com/spinabifida
スポンサーリンク



中枢神経機能に影響を与えるビタミンには以下の種類があります。

不足したときの症状

〇ビタミンB1:ウエルニッケ脳症、脚気

〇ビタミンB6:末梢神経障害、けいれん

〇ビタミンB12:末梢神経障害、認知障害

〇葉酸:神経管欠損、うつ症状

〇ナイアシン:ペラグラ

〇パントテン酸:ミエリン変性

〇ビタミンE:脊髄小脳変性

鉄の欠乏も脳に大きな影響があります。

貧血になると頭痛がしたり、身体がだるくなったり、気力が萎えたりします。

★うちで親子で飲んでいるマルチビタミンミネラルのサプリです。120錠も入って安いです。それを定期購入でさらに15%引きです。

商品画像をクリックするとアマゾン商品ページに飛びます。アメリカンサイズなので、大きなタブレットでお子さんには無理かと思います。

日本じゃ考えられない大人でも飲みにくいサイズです。うちの子は慣れているのでひと飲みです。

 

★お子さんには以下↓のようなチュアブルタイプがおすすめです。お菓子みたいなタブレットです。

★栄養状態を最初に良くして、自然治癒力や恒常性を高めて、普通の食事から栄養素を摂れるように好き嫌いをなくすために、サプリメントはおすすめです。最初からなんでも食べれて、野菜一日350g食べれて、魚も肉も海藻もに由製品もなんでも食べれるお子さんにはサプリメントは必要ないですが。

また、サプリメントだけでは必要な栄養素は摂れませんが、栄養素は偏っていては他の食べた栄養素も無駄になってしまうのです

それぞれが鎖のように代謝にかかわりあっているために、一部の栄養素が足りないために、必要な栄養が利用されないままになってしまうこともあるわけです。できるだけ自然の様々な食品から摂ることが望ましいですが。お金もかかりますし、調理時間もかかりますし。

補助栄養素としてマルチビタミンミネラルは毎日飲んでいます。

摂りすぎてはいけないビタミンAなども一錠を守っていれば、過剰摂取にはなりません。食品にビタミンAが多くても過剰症になるくらい食べるのはかなり大変なので、マルチビタミンミネラルで過剰症を心配することは無いと思います。

毎日飲みつづけている期間と飲まない期間を比べてみると、飲んでいる期間の元気さが違います。

たまにサプリメント断ちしてみて、やっぱり効いていたんだと実感することが多いです。

それに美肌になりますしアンチエイジング効果は確かです(年々若返っている私)

脳の活性化のために必要な栄養素、脳機能障害を予防するための食品が「ブレイン・フード」と呼ばれています。

ブレインフードの種類

ブレインフードは、その特徴でいくつかに分類できます。

○血流改善目的のサプリメント

【イチョウ葉エキス】には、血管を拡張して血流を改善し、酸素や栄養素を脳にスムーズに供給する働きがあり、 ヨーロッパでは痴呆症の改善薬としても利用されています。
ドイツのCommission E(薬用植物の評価委員会)は、記憶障害、耳鳴り、めまいの改善に対するイチョウ葉抽出物の使用を承認しています。

★↑イチョウ葉エキスに脳に良いDHAもプラスされてコスパが良い商品です。

 

【ビンカマイナー(ヒメツルニチニチソウ)】には、赤血球を柔らかくする効果が知られており、赤血球が脳内の細い血管も通過できるようになることで、スムーズな酸素供給の 役に立ちます。

★イチョウ葉プラス 120粒 ビンカマイナー、L-シトルリン、フェルラ酸配合

商品説明に以下のようにあります。

  • 健康的で知的な毎日をサポートするイチョウ葉エキスパワー!
  • イチョウ葉エキス+L-シトルリンで「 近頃、物覚えが悪くなった 」を解決!
  • 最近「 忘れっぽくなった 」が気になる方に!
  • 落ち着きがない・飽きっぽい、じっとしていられないお子様にも!
  • 【イチョウ葉プラスの特徴】

    ●イチョウ葉エキス
    イチョウは約2億5千万年前から地球に存在し、度重なる地球の変化を乗り越えてきた強じんな植物です。
    中国では何千年もの間、イチョウの果実や葉を利用してきました。
    イチョウ葉エキスの主成分は13種類のフラボノイドとギンコライドという物質です。
    イチョウ葉エキスは、そのドイツの基準を元にした原料を使用しています。

    ●ビンカマイナー(和名ツルヒメニチニチソウ)
    20カ国以上で、機能性食品として販売されています!

    ●フェルラ酸
    米ぬかから抽出される天然のポリフェノールです。

    ●L-シトルリン
    スイカから発見された、アミノ酸の一種です。
    健康に対する様々な働きが期待されています。

    【栄養成分表示(4粒 1,000mgあたり)】

    エネルギー 3.99kcal
    たんぱく質 0.20g
    脂質 0.01g
    炭水化物 0.78g
    ナトリウム 0.09g

    【内容成分表示(4粒 1000mgあたり)】

    イチョウ葉エキス末 130mg(ギンコール酸含有量 1ppm以下)
    L-シトルリン 130mg
    ビンカマイナーエキス末 33.2mg
    フェルラ酸 33.2mg

 

【EPA】には血小板凝集抑制作用があり、国内では動脈硬化症の医薬品としても知られています。【DHA】は細胞膜を柔軟にし、血流改善に役立ちます。

 

★うちは、EPAもDHAも入って品質もコスパも良いスーパーフイッシュオイルをアマゾンで定期購入しています。

アマゾンの定期購入は他の商品も合わせて二カ月起きの定期購入でさらに15%引きになりお得です。毎月から半年に一回までいろいろ選べて15%引きです。
【ホスファチジルセリン】は大豆由来のリン脂質で、脳の細胞膜の柔軟性を高め、血流を良くする働きがあります。アルツハイマー病の症状改善が確認されています。

★うちは、ホスファチジルコリンは大豆レシチンで摂っています。上記の商品は250g入りで、100g中にホスファチジルコリン28g入っています。

リン脂質(ホスファチジルセリン)は95g入っています。ツブツブで大豆の味します。スプーンに一杯そのまま食べています。

○抗酸化目的のサプリメント

【アスタキサンチン】は天然色素の一種で、強力な抗酸化物質です。また、血液脳関門を通過することができる数少ない抗酸化物質であり、脳内で活性酸素を抑えることで、脳細胞へのダメージを防ぐことが期待できます。

★これもアマゾンで定期購入で2個ずつ購入しているのでさらに15%引きになります。

アスタキサンチンは鮭などの赤い色素として知られるポリフェノールの一種で、脳の血流関門を通って、脳や目にダイレクトで効くと言われています。

私のかすみ目にもよく効いています。毎日飲んでいます。

 

○神経伝達物質目的のサプリメント

 

神経伝達物質「ドーパミン」の前駆体となる【チロシン】や、同じく神経伝達物質である【GABA】(γ-アミノ酪酸)などは、脳内に神経伝達物質を増やす手助けになります。
※GABA自体は、脳血液関門を通過できませんが、グルタミン酸に変換され、脳内で再度GABAになると言われています。

★うちはGABAは玄米で食べています。玄米や胚芽米をひと晩水につけておくと、GABAが二倍に増えるのですよ。

玄米はこれがお気に入り、スーパーのおいしい玄米よりコスパが良いです。

★もう白米だけのご飯は食べれないくらい玄米好きです。と言っても↑こういう普通に炊けておいしい玄米限定ですが。

GABAの他、フェルラ酸や各種ビタミンミネラルも豊富です。

○脳機能改善目的のサプリメント

【DHA】には、記憶・学習機能の向上、認知症改善効果が知られており、マウスの実験では、DHAの摂取量により老人斑面積が減少したという報告があります。

○抗炎症目的のサプリメント

 

アルツハイマー病患者の脳には慢性の炎症病変が生じていることから、【アスタキサンチン】【レスベラトロール】【カプサイシン】など、抗炎症効果のある栄養素にも治療・予防効果が期待されています。

注目のブレインフード

最近では、クルクミン、フェルラ酸も注目されています。

【クルクミン】
クルクミンは、ウコン(ターメリック)に含まれるポリフェノールです。
クルクミンには、フリーラジカル消去能以外に、抗炎症作用、抗癌作用、肝臓保護作用、血栓形成抑制作用、心筋梗塞防止作用、低血糖防止作用、抗リウマチ作用、抗アミロイド作用などの幅広い作用が知られています。
認知症への効果も研究が行われ、疫学研究では、カレーを多く食べるインドは、人口比率に対するアルツハイマー病患者がアメリカに 比べて少ないことが報告されています。※1

★カレー食べるならターメリックたっぷりの黄色いインドカレーが良いですね。

【フェルラ酸】
フェルラ酸は、米ぬかに含まれている成分でポリフェノールの一種です。
近年、強い抗酸化作用、アルツハイマー型認知症への効果、うつ病予防、
高血圧改善に期待が高まっており、動物実験では、アルツハイマー病型認知症で
有効性が示唆されています。※2

ブレインフード
記憶力や集中力を高める食べもの

【脳の機能を高める食品】
・青魚
・サケ
・大豆製品
・ナッツ類
・カカオ
・アボカド

オメガ3系の油(DHA、EPA。えごま油、アマニ油)

ターメリック(ウコン)、ビーツ

オメガ3脂肪酸、抗酸化物質(ポリフェノール、メラトニン)が豊富に含まれるほか、ビタミン、ミネラル、たんぱく質や食物繊維など、体に良い成分や栄養素がぎゅっと詰まっています。

他に過去日記でも紹介しましたヘスペリジンや アホエンも脳機能を高めます。

ヘスペリジンは花粉症にも効きます。

アホエンは、オリーブオイルにニンニクを刻んで入れ、 加熱しないでサラダドレッシングなどに利用すると、脳機能を高めます。

いちおしの健康食品は、なんども書いていますが

アロエベラジュースです。アロエベラのページをごらんください。
ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 子育てブログ 成人自閉症者育児へ
にほんブログ村

 

スポンサーリンク



関連記事

  1. こだわりは、幼児期は身体ごと止めて、成人後は口頭で静止できるよう…

  2. ゲームで疲れたセブンをヘッドマーッサージする

  3. たしかに聴覚過敏はあるけれどパニックにならないわけ

  4. 脳に効く栄養/クスリに頼らず「脳と心」を健康にする

  5. 偏食・異食による疾患と偏食の治し方

  6. ゲーム用に格安wi-fiモデルタブレットを探す

おすすめ記事

  1. 発達障害もあらゆる病気を改善するアロエベラ。
  2. 恐ろしいADHD治療薬の実態
  3. 発達障害児に飲ませる抗精神薬は覚せい剤と言うことを知っていますか?
  4. 稼げるライティング
2017年5月
« 4月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
ページ上部へ戻る