閉じる
  1. 「普通学級」「支援学級」「支援学校」それぞれのメリット・デメリットに思…
  2. 恐ろしいADHD治療薬の実態
  3. 障害児の子どもが居ても稼げる在宅ワークのいろいろ
  4. 稼げるライティング
  5. 発達障害もあらゆる病気を改善するアロエベラ。
  6. 重度知的障害児の問題行動は、こうやって改善した。他害行為も
  7. 発達障害児に飲ませる抗精神薬は覚せい剤と言うことを知っていますか?
  8. 重度知的障害で重度自閉症と幼児期に診断されて、大人になった今は?
閉じる
閉じる
  1. 太秦(ウズマサ)とは、アムル語でイエス・キリストの事。広隆寺の秘密
  2. ザビエルより以前に、古代キリスト教国家だった日本。秦氏は景教徒アッシリ…
  3. 京阪プレミアムカー、500円の贅沢シートに乗ってきました。
  4. 希望の党公約のベーシーックインカムとは、国民全員に最低生活費を配る?
  5. バヌアツで大地震が起こると日本でも近日中に起こる「バヌアツの法則」
  6. 安倍vs小池?大阪民としては都民ファーストが羨ましかったけれど、あれだ…
  7. 「そこはかとなく愉しからずや」にタイトル変更、その心は?
  8. ヴァヌアツの呪術の文化人類学的視点と日本の福子思想
  9. 公安幹部の無料セミナー「日本人だけが知らない北朝鮮の真実」放映10月8…
  10. 浅香光代の隠し子父は、元総理のあの人だと思う。
閉じる

そこはかとなく愉しからずや

【日記】今日から日記を始めます。斉藤由貴さんのW不倫報道とモルモン教

今までの投稿は情報記事であって日記ではありません。情報を裏どりして紹介するので時間もかかります。私もいろんな活動しているので(経済活動)ブログを毎日投稿する時間はありませんでした。 日記なら頭の中だけでスラスラかけるので毎日も可能ですね。

ブログのアクセスアップには毎日投稿が望ましいです。日記ですから、しょうもないことも書きます(;・∀・)

スポンサーリンク



 

文章を書く、日記を書くというのはカタルシスになりますね。ストレス解消であり、発散であり、自分を見つめなおす機会でもあります。

他の情報記事は、調査、吟味、裏どりに時間かかって、カタルシスどころか、ちょいストレスにも(*_*;

なので【日記】コーナー作ります。

 

斉藤由貴さんのW不倫について

独身時代の不倫疑惑から含めて、3回目の不倫報道の斉藤由貴さんですが、驚きですねー

自撮り写真らしきキス写真を週刊誌に掲載されちゃって。どうして自撮り写真が、マスコミに漏れるのか?

ベッキーのlineからの流出でバレた「センテンススプリング」発言で。 (不倫しているのだけど)・・友達で押し通すつもり発言がバレて、バッシングの憂き目にあいましたね。

斉藤由貴さんは、不倫疑惑3回目にもかかわらず、W不倫にもかかわらず、迅速な謝罪会見で(ゆるしてあげて)雰囲気で擁護しちゃうコメンティターも多いという、謎のミステリアスさです。

さらに続報として、斉藤由貴さん自宅にて、なんと頭に女性物のパンツを被ってフルーツを食べる医師の写真まで掲載されましたよ。

もうイメージの失墜は免れませんね。医師もこれからどんな顔してご家族に接し、診察するのやら。

しかしハッキングは犯罪ですよね。その犯罪で手に入れた写真を公開した出版社はどうなるのだろうか?斉藤由貴さんは警察に相談されたそうですが。

スマホから流出を想像される件ですが。スパイ映画では、スマホに近づけるだけでハッキングできる場面をよく見るじゃないですか?

つまりスマホのクローンがもう一台できるという。スマホのコピーです。

ドキュメンタリーでも見たことがあります。ハッキングの手口として、目的のスマホをコピーして、通話もメールも離れた場所で見れるという。

そもそもスマホには「遠隔操作」というアイコンがついているではないですか?

スマホのサポートに電話したときに、何回も遠隔操作(リモートとも)してもらったことあります。

遠隔操作に同意するをクリックして、数字が表示されますから、それをサポートに伝えると、遠隔操作できます。

この遠隔操作で情報を抜かれた可能性は高いのではないでしょうか?

サポートの場合は、持ち主が同意の上で、数字を伝えて遠隔操作の許可を出し、目の前で遠隔操作の様子が見れます。スマホを触らなくても、カーソルが勝手に動いて(つまり、スマホを乗っ取られている状態)で、動かして設定を完了してくれたりします。

そして終わるときに、遠隔操作を終わるをクリックすると、もうサポートに遠隔操作できないようにしますので安心ですが。でも・・・・。

ある情報番組で、スマホとスマホを近づけて それたけで遠隔操作ができてしまう様子を見たことがあります。

キャッシュカードややクレジットカードのスキミング゛という不正もありましたね。

マルウエアというコンピューターウイルスに個人情報を抜かれるというハッキングもあります。

 

パソコンの不具合でサポートに電話したときも、遠隔操作で見てもらったことあります。パソコンのサポートは日本人じゃない人が担当のことが多いですね。遠隔操作でパソコンの内部あちこち見られました(*_*;

またGoogleの画像保存サービスのクロウドも、パスワードがばれたら、保存している画像見られ放題、ダウンロードし放題になってしまいます。

スマホで保存すると自動でクロウドサービスにも保存されたりします。便利なんだけど危険ですね。

パスワードも推測されるパスワードは危険ですね。コンピューターで順番にパスワード検索されたらおしまいです。

 

私はセキリュテイソフトちゃんといれて、パソコンもスマホもタブレットもセキュリティ完璧です。しかし知人のスペシャリストに聞くと、ハッキングする気になったらセキュリティソフト入れていても防げないと言います。国の情報もハッキングするアノニマスという世界的ハッキング集団もありますしね。

ウインドウズ10は、CIAに情報ハッキングされる可能性大と言われています。

しかし単なる日本の片隅の名もなき、おばちゃんなので、ハッキングされたとしても、金は無いし(笑)つまんない個人情報しかありませんけどね。

無いという強み(笑)

 

とりあえず セキュリテイソフトを紹介しておきます。W不倫の方、気をつけて(笑)

【カスペルスキー】30日無料体験版はこちら

ノートン セキュリティ、PCもMacもスマホもこれ一本!

Dr.Web Security Spaceは、あらゆるデバイスに対する保護を提供します!

ウイルスバスターダウンロード3年版ならで2ヵ月無料延長キャンペーン中!

100%+αの信頼「G Data インターネットセキュリティ」

 

不倫考

斉藤由貴さんの、公になったものだけでも三度にもなる不倫ゴシップ。戒律の厳しいモルモン教の厳格な信者の父親から、斉藤由貴さんもモルモン教の信者で、斉藤由貴さんの御主人も敬虔なモルモン教の信者であり、モルモン教の幹部だと言います。

女優さんは、ある意味、プライバシーも売りの一つですから、不倫であろうが、スキャンダルであろうが、センセーショナルな話題があるほうが、出演作品にも興味を持たれやすくて、まあ、道徳観念の問題はあるけれど、好きにすればいいと思います。

しかし、個人的意見としては、不倫する前に離婚すべきだと思います。なんだか「家庭は大事にして、こっそりバレないように不倫する」という「やり方には不快感があります。

斉藤由貴さんはお子さんのために離婚は避けたいとおっしゃったようですが。お子さんが学童期ならわからなくもないですが。これだけマスコミに騒がれてしまっては、「お子さんのために」というのは、お子さんにとってどうなのか? お子さんのせいにしてほしくはないですね。

モルモン教とは?

モルモン教は正しくは末日聖徒イエス・キリスト教会といい、通称のモルモン教というのは、モルモン書をもとにした宗教ということです。

末日聖徒イエス・キリスト教会 – Wikipedia :

よくは知りませんが、キリスト教の新興宗教であり、モルモン教の創始者ジョセフ・スミスは、教会の教えや戒律として、一部の指導者は神により多妻を認められているとして一夫多妻を実施していたそうです。(´-`*)ちょっとしたカルトですね。

現在のモルモン教では一夫多妻制は廃止されているようですが、現在の主流派と、一夫多妻の戒律を存続させるモルモン原理派との分離があったそうです。斉藤由貴さんは主流派の一夫一婦制だとは思いますけど・・・不倫がどうしていけないの?という考えが、もしあったなら、モルモン教原理派の影響はどうなのでしょうかね?

 

モルモン教について調べるとこんなページがありました。

素顔のモルモン教-はじめに

敬虔なキリスト教の宗教だと思うのですが・・・。

ユタ州はその人口の七割以上がモルモン教徒であるが、そのユタ州に関する意外な事実が報道されている。いくつかの記事を総合すると、次のようになる。

 ユタ州では、離婚率、十代の自殺率が全米平均より高い。女性の自殺率が増えており、自殺が、ユタ州内での死亡原因の第三位。児童虐待が多く、殺人による被害者のうち十五歳以下の子供が二〇パーセントで、これは全米平均の五倍。ソルトレーク市のレイプ被害者数は、報告されたものだけで同規模都市の二倍。ユタ州での窃盗、集団犯罪は、驚異的に膨張している、等。(Salt Lake Tribune紙、1992年 6月26日、 8月13日。Los Angeles Times 紙、1983年 6月26日。モルモン教の所有する Deseret News 紙、1976年 2月11日、 1979年 9月 3・21日、1982年 8月25日。WORLD ALMANAC, Uniform Crime Report, 1983, pp. 966-7。

 もう一つ、デンバー・ポスト紙の特集「ユタ・モルモン州の内側」(1982.11.21、28) から一部を引用すると、「・・ユタの離婚率は、常に全米平均を上回ってきた・・そして、 二〇歳が、ユタの女性が離婚するごくありふれた年齢である・・ユタにおける子殺しの率 は、全米平均の五倍である・・ユタではベイビーの半数は十代の母親から生まれ、そのう ち七割が婚姻関係の外でできたベイビーである・・モルモン教徒は酒やタバコという悪徳 はやらないが、その代わり大の甘党になる傾向がある。全米の成人の肥満率は十九パーセ ントであるが、ユタ州の成人のうち、四六パーセントが肥満である・・」。

こ、これは。戒律きびしすぎて、他で発散してしまった風に思ってしまいました。モルモン教徒のみなさまごめんなさい。きっと誤解だとは思いますが、統計をみると うがった見方をしてしまいます(;・∀・)

 

スポンサーリンク




ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング

 

 

関連記事

  1. 鈴木砂羽さんと女優二人降板さわぎについて。

  2. 最近の(重度知的障害者で自閉症)の娘の様子/洗濯と鉄子(日記)

  3. バヌアツで大地震が起こると日本でも近日中に起こる「バヌアツの法則…

  4. 重度知的障害者の銀行口座開設は大変です。きっと高齢者も大変です。…

  5. 浅香光代の隠し子父は、元総理のあの人だと思う。

  6. 独居老人、孤独死、認知症に、アラ還女が思うこと。

おすすめ記事

  1. 障害児の子どもが居ても稼げる在宅ワークのいろいろ
  2. 重度知的障害で重度自閉症と幼児期に診断されて、大人になった今は?
  3. 「普通学級」「支援学級」「支援学校」それぞれのメリット・デメリットに思うこと
  4. 発達障害もあらゆる病気を改善するアロエベラ。
  5. 恐ろしいADHD治療薬の実態

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る