閉じる
  1. 「普通学級」「支援学級」「支援学校」それぞれのメリット・デメリットに思…
  2. 稼げるライティング
  3. 恐ろしいADHD治療薬の実態
  4. 障害児の子どもが居ても稼げる在宅ワークのいろいろ
  5. 発達障害もあらゆる病気を改善するアロエベラ。
  6. 重度知的障害で重度自閉症と幼児期に診断されて、大人になった今は?
  7. 発達障害児に飲ませる抗精神薬は覚せい剤と言うことを知っていますか?
  8. 重度知的障害児の問題行動は、こうやって改善した。他害行為も
閉じる
閉じる
  1. 太秦(ウズマサ)とは、アムル語でイエス・キリストの事。広隆寺の秘密
  2. ザビエルより以前に、古代キリスト教国家だった日本。秦氏は景教徒アッシリ…
  3. 京阪プレミアムカー、500円の贅沢シートに乗ってきました。
  4. 希望の党公約のベーシーックインカムとは、国民全員に最低生活費を配る?
  5. バヌアツで大地震が起こると日本でも近日中に起こる「バヌアツの法則」
  6. 安倍vs小池?大阪民としては都民ファーストが羨ましかったけれど、あれだ…
  7. 「そこはかとなく愉しからずや」にタイトル変更、その心は?
  8. ヴァヌアツの呪術の文化人類学的視点と日本の福子思想
  9. 公安幹部の無料セミナー「日本人だけが知らない北朝鮮の真実」放映10月8…
  10. 浅香光代の隠し子父は、元総理のあの人だと思う。
閉じる

そこはかとなく愉しからずや

自分に自信が無いと告白する豊田真由子議員の別人のようなTVインタビュー

豊田真由子議員がTVに出て釈明していたのですね。見逃していたのでYouTubeを見たらありました。いつ削除されるかわかりませんが。

今だけ下記に貼り付けます・

スポンサーリンク




 

別人のようなしおらしい表情で涙ながらに話す豊田真由子議員

 

母親のせいにしましたよ。育てられ方のせいに。それは真実かもしれませんが。立派な学歴に職歴をお持ちの豊田真由子議員は、あの暴言テープの頃の表情を見れば、当時は人を人とも思わない傲慢でわがままで高圧的な「イジメっ子」のような、有り体でした。

学習塾を経営されて厳しいお母さんに、認められることがなかったのでしょうね。

一番じゃないと認められない。できる子で当たり前。できない子なんて認められない。長女は医者、三女は弁護士という高学歴一家で、豊田真由子議員も東大法学部で厚労省のエリート幹部だった輝かしい経歴と、庶民はそう思いますが。

同じ東大法学部卒の弁護士の住田裕子氏は、豊田真由子議員のことを、エリートじゃない。準エリートです。と指摘していました。

東大法学部卒でハーバード大にも行って厚労省に入っても、準エリートなわけなんですね。エリートの中での準エリート、厳しいお母様に認められない幼少期。

豊田真由子議員の精神の崩壊ぶりの一端が、理解できたように思いました。

また新たな録音テープが出てきました。

もう、鬼のような、ヤクザの恫喝のような暴言の数々。

あるマスコミが豊田真由子議員の両親を直撃インタビューしたときに、豊田真由子議員ソックリの言い方で母親が父親に「マスコミは相手にしない。早く入んなよ」と早口でまくしたてと言います。

 

ということは、豊田真由子議員の言動は世代間伝達ということになりますね。

厳しい親に認められず、叱責や虐待を受けた子どもは、親と同じような問題を抱えるという心理学用語でいう「世代間伝達」です。

突然、豊田真由子議員が「ママ恐いよー。ごめんなさい。ごめんなさいママ」と赤ちゃん返りのように叫んだという証言もあります。

そういう証言もあり、かずかずの人格に問題があるような暴言の数々。

いくらしおらしく反省を語っても、議員を続けるって、甘いんじゃないでしょうか?

もう人間性が世間に広く知れ渡ってしまったのですよ。TVに久しぶりに出てきて、議員をつづけさせていただきたいって。

それはないんじゃないでしょうか?

まず議員辞職して、心理カウンセリングをみっちり受け。自分を見つめなおし、反省して、心理サポートのある上で、人生やり直すつもりでなんらかの奉仕活動をするべきじゃないでしょうか?

奉仕活動も反省もなしに、ひっそりと世間から隠れて、母として生きるという選択肢もあります。

しかし、今回大きなバチが当たったのです。バチが当たるということは、とても幸運なことなのです。

本当の自分に気づかせていただくチャンスをいただいたのです。

「自分に自信がなかった」とTVの前で告白されました。

そう告白できたことは、とても偉いことです。

宮根さんがとてもいいことを言いました。

豊田真由子はダメなヤツだった。 僕も50いくつでいまだにダメなヤツなんです。

豊田真由子はダメなヤツ!そこから始めるべきじゃないですか?そのようなことを宮根さんは言われたと思います。

「自分はダメなヤツだった」そう自分で受け止められたら、そこから上がっていけます。

ダメな自分を認めて、二度と人を人とも思わないような人間にならないと誓い、そこからやり直しです。

やり直しができたなら、これだけ有名になった豊田真由子議員は、一 豊田真由子として生まれ変わった豊田真由子を世間に見せれるまたとない幸運な人間になれるのです。

しかし、反省なしに、「ダメな豊田真由子」から認める自分がないのなら、世間は決してその非道を忘れないでしょう。

さて 豊田真由子議員は、潔く辞任して「ダメなヤツ」を認めて、生まれ変わることはできるのでしょうか?

もし生まれ変われたら、それこそ本当の意味で最強の豊田真由子さんになれるんでしょうね。

禊には時間がかかります。 奉仕活動から始められたらいいのにと思います。

 

豊田真由子議員に関連するかもしれない

自己愛性パーソナリティ障害とは

自分は最高で選ばれた人間だという自負をもち、自分を誇大化してみせる。他人からの賞賛を要求する。共感の欠如が特徴。

症状例

  • 賞賛されたい強い欲求を持つ
  • 職場や家庭で円滑な人間関係が崩れる
  • 自分は特別と思い込んでいる
  • 見捨てられることを恐れる
  • 他人に依存してまとわりつく
  • 職場でもマイペースで過ごす。
  • 寂しさは感じていない

タイプ1

過剰に周囲を気にする(周囲の反応に過敏で、抑制的、内気、注目の的になることを避ける

タイプ2

まったく周囲を気にしない(他者の反応に気づかず、自己中心的。傲慢で攻撃的。つねに注目されたい

他にもパーソナリティ障害には様々な種類があります

参考にした書籍


スポンサーリンク




ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング

 

関連記事

  1. 自閉症児に特徴的な色彩感覚 京大が確認

  2. 自閉症:患者の聴覚過敏 三重大が原因一部解明/改善法を調べてみま…

  3. ホームレスの3割が知的障害者という現実

  4. 自閉症、ニホンザルも…人間以外で初確認ですと

おすすめ記事

  1. 障害児の子どもが居ても稼げる在宅ワークのいろいろ
  2. 重度知的障害で重度自閉症と幼児期に診断されて、大人になった今は?
  3. 「普通学級」「支援学級」「支援学校」それぞれのメリット・デメリットに思うこと
  4. 発達障害もあらゆる病気を改善するアロエベラ。
  5. 恐ろしいADHD治療薬の実態

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る