閉じる
  1. 障害児の子どもが居ても稼げる在宅ワークのいろいろ
  2. 稼げるライティング
  3. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ
  4. 久しぶりの投稿です。実はお勤めしはじめたので忙しかったです。
  5. 古い民謡の囃子言葉は、ヘブル語由来。勾玉はヤハウェを表す?
  6. 重度知的障害児の問題行動は、こうやって改善した。他害行為も
  7. 「普通学級」「支援学級」「支援学校」それぞれのメリット・デメリットに思…
  8. 発達障害児に飲ませる抗精神薬は覚せい剤と言うことを知っていますか?
  9. 恐ろしいADHD治療薬の実態
  10. 発達障害もあらゆる病気を改善するアロエベラ。
閉じる
閉じる
  1. 久しぶりの投稿です。実はお勤めしはじめたので忙しかったです。
  2. ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の理解のための旧約聖書のあらすじ
  3. 古い民謡の囃子言葉は、ヘブル語由来。勾玉はヤハウェを表す?
  4. 相撲界の決まりごと、相撲用語、調べてみました。
  5. 重度知的障害者の親知らず抜歯手術と経緯/障害者対応歯科
  6. 韓国ウソの歴史と日韓関係、ウソは是正すべきでしょ!
  7. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ
  8. 三組三様の不倫疑惑がらみ会見に見るリスクマネジメント能力
  9. 『弓と禅』にみる日本の精神、相撲道、弓道、武道の心
  10. モンゴル力士会の八百長疑惑がもめ事の真相では?相撲のルーツ
閉じる

そこはかとなく愉しからずや

長寿の秘密はテロメアとポリアミン、サーチュイン遺伝子と、栄養素

障害児のいる親はなんとしても長生きしなくっちゃいけません。世界一の長寿国の日本の100才以上の長寿者が6万7千人を超えました。100才以上の長寿者のことをセンテナリアンcentenarian)と言います。私もセンテナリアンを目指します。私がセンテナリアンになればうちの子もおばあちゃん。二人で老人ホームもいいし。在宅サービスを受けてもいいし。そういう福祉サービスを受けなくったって元気でピンピンしていれば、なお良いですね。長寿についての研究もたくさん出てきています。どれが本当に長寿に役立つ情報なのでしょうか? 調べつくして実際に取り入れていきたいと思います。

スポンサーリンク



健康長寿を実現する方法

健康寿命とは?健康で長生きすることを言います。長生きでも、疾病にかかって寝たきりで介護が必要な長生きでなく、自身の力で健康に生活できて長生きな状態です。TV番組でも、長寿の理由を探る番組が大流行りですね。サーチュイン遺伝子、テロメア、ポリアミン、カロリーの問題などについて、一件相反するような研究結果について、総合的に考察してみたいと思います。

サーチュイン遺伝子

サーチュイン遺伝子が活性化すれば若々しいまま寿命が延び。サーチュイン遺伝子を活性化するにはカロリー制限をするという研究が話題になりました。

実際に人で言えば70才のアカゲザルのグループにおいて。片方のカロリーを制限し、片方は通常通りの食物をあたえたところカロリー制限したほうが若々しく長生きをしたという実験結果が出ているのです。

ところが

東北大公衆衛生学の研究グループの調査研究によるとやせているより太っているほうが長生きという研究結果が出ています。

やせ、太りすぎより短命 40歳の余命で6年の差

(2009年10月13日 共同通信社)

40歳の人の平均余命は、肥満度別にみると
「やせ」の人が最も短く、最も長い「太りすぎ」の人より
6年程度短命との研究結果が出ています。

アカゲザルの場合は25%のカロリー制限したほうが若々しく長生きで、人間の場合は痩せているより太っているほうが長生きという真逆の結果なのです。

 

人とサルの違い??? まだよくわかりませんね。少し、対象とした「長生きの基準」が違うように思います。

 

絶食で疾病や成人病や精神疾患などを治すロシアの病院

人間の身体にはまだまだ不思議な仕組みがあるようで、絶食することで(一カ月以上の絶食もある)疾患の原因となる、悪いタンパク質を壊していくために治るのではないかいかと説明されています。

絶食するとアドレナリンやセロトニンか身体で多量に分泌され、幸福感を生み出し、うつ病や統合失調症なども治ってしまうそうなのです。

詳しくは動画を見てください。1時間番組です。糖尿病が治り、高血圧が治り、長年の喘息が治り、精神病も治っています。

絶食による、飢餓状態になることで、逆に活力が生まれています。サーチュイン遺伝子のスイッチが入るのも、飢餓状態に陥ることでスイッチがはいり、カロリー制限しても省エネで乗り越えられるように、身体の仕組みが変わっているようです。

スペルミジンが寿命を25%も延ばす

私たちの細胞の中にも存在する、ポリアミンの仲間のスペルミジンを摂取すると、寿命が25%も延びることが論文発表されています。

スペルミジンを含む食べものを毎日食べることは、長寿に大いに貢献しそうです。とくに納豆がスペルミジンが、ダントツに豊富で良いそうです。

スペルミジンのような栄養素の摂取は、生きていく上で大切なことです。ここは、やはり痩せているより太っているほうが、栄養状態が良いわけですから、太っているほうがスペルミジンの補給にも恵まれているでしょうね。

寿命を決める仕組みはテロメアという細胞物質に関わっている

染色体の端にあるのがテロメアです。細胞分裂をくり返すたびにテロメアは短くなっていきます。

この寿命とかかわりのあるテロメアを延ばして、健康寿命を延ばし、ガンなどの病をふせごうとする研究が注目されています。

テロメアを延ばし長さを保つ補酵素として、テロメラーゼがあります。寿命を延ばすにはテロメラーゼを増やせば良いのではないかと考えられています。

テロメラーゼを増やす方法についての書籍

テロメア・エフェクト/エリザベス・ブラックバーン博士(ノーベル賞受賞)


人間には、約37兆個の細胞がありますが、例えば皮膚細胞は二カ月で新たな細胞に入れ替わります。

テロメアは塩基という化学物質で、生まれた時は15000テロメアの長さ(塩基の数)あるものが、35才で半分に減少し 6000を下回ると 染色体は不安定になり、さらに2000なると細胞がこれ以上分裂できない、細胞老化といわれる状態になります。

テロメアが減ると細胞分裂ができなくなっていくので、テロメアは命の回数券とも呼ばれています

アラフィフの男女10人の、血液のテロメア検査を行いました。
各自テロメアの長さはバラバラです。

東京都健康長寿医療センター研究所 相田順子副部長によるとテロメアの長さを短くするのは、ストレスであることがわかりました。

テロメアの長さを短くするのはストレス

悲観的な人はストレスに反応しやすく テロメアが短くなるのです。

ガンの原因はテロメアの減少によるとも言われています。

テロメアと認知症を調べるとテロメアが短縮していた

脳の画像 脳が萎縮 海馬の萎縮(記憶を司る) テロメアが短縮していたことがわかりました。

見た目の若々しさもテロメアの長さによる皮膚のハリ

京都大学大学院 石川冬木教授よると

コラーゲンは皮膚にハリをつくるが、テロメアがへるとそれをしないので皮膚がたるみ、シワができたりして老けます。

タバコや酒で喉のテロメアが減ります。タバコや酒の飲み過ぎはテロメアを短くする、大きな原因にもなります。

エリザベス・ブラックバーン博士らが発見したテロメアをのばす

酵素テロメラーゼ

テロメアを延ばすには、瞑想が効果があることがわかりました。

12分毎日二カ月の瞑想で、テロメアがなんと43%も増加したといいます。

瞑想をするととても心が落ち着きます。

上記の動画での瞑想の方法は、呪文を唱えながら 指を動かしています。
頭の中に光が差し込むイメージを浮かべるようにします。

瞑想を習慣にすると、自分がすべきことに集中できるようになるそうです。

 

ストレスは、交感神経が優位に働いて緊張してしまいますが、

瞑想をすると、副交感神経が働きリラックスし、自律神経のバランスが整うのです。

テロメアを延ばす4つの習慣

予防医学研究所ディーン・オーニッシュ所長が進めるテロメアを延ばす4つの習慣です。

〇運動

ウォーキングなどの軽い有酸素運動を30分、週に6日程度行います。

〇食事

オメガ3オイルや 豆類、魚、 海藻などを積極的に食べます。

〇人とのつながりを大切にする

場合によれば、カウンセリングなども受けます。孤独は早死にします。人間関係を大切にすることですね。

〇睡眠

睡眠7時間以上しっかり寝ます。

ブラツキー教授が進めるテロメアに良い呼吸法

4秒吸って4秒はく 。花、ろうそく、夕日などを見つめる

一日10分推奨されています。

 

テロメアを延ばす習慣

テロメアやテロメアーゼやポリアミンや瞑想を含めて考えると、ソマチッドと限りなく似ていることがわかります。なんらかの関係はあると思います。

すべてにおいて、良い意識と寿命はかかわりあっていること、瞑想を含め、ポジティブな思考はテロメアを延ばし若々しくいられること、などの共通点があるようです。

過去記事もごらんください。

病は気からの秘密は、ソマチッド(ソマチット)?
高齢母と知的障害娘の生活の工夫
https://kuhuu.info/2017/02/19/yamaihaki/

自閉症や認知症パーキンソン病を改善するというケイ素と、重金属の害について | 高齢母と知的障害娘の生活の工夫 : https://kuhuu.info/2017/03/15/keiso/

障害者の親亡き後問題と高齢者問題/長寿成分スペルミジン見つかる!
高齢母と知的障害娘の生活の工夫
https://kuhuu.info/2017/09/13/jyumyou/

 

長寿で健康に生きろためには、スペルミジンなどの寿命を延ばす成分のポリアミンを食べものから採り入れ、適度な運動をして、睡眠を十分に摂り、バランスの良い食事をして、人間関係を良くして、瞑想の習慣を持つということですね。

引き続き、健康的に長生きできる方法を探求していきたいと思います。

スポンサーリンク




ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 シニア日記ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング

関連記事

  1. 重度知的障害者の歯科問題

  2. ゲームで疲れたセブンをヘッドマーッサージする

  3. オステオポンチンとは、何ぞや? 老化の秘密がわかった!

  4. 花粉症による目の周りかぶれに使えるイハダプリスクリードについて調…

  5. ムチンについての間違い!植物性ムチンは無い!

  6. 病は気からの秘密は、ソマチッド(ソマチット)?

おすすめ記事

  1. 久しぶりの投稿です。実はお勤めしはじめたので忙しかったです。
  2. 古い民謡の囃子言葉は、ヘブル語由来。勾玉はヤハウェを表す?
  3. 重度知的障害者の親知らず抜歯手術と経緯/障害者対応歯科
  4. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ
  5. お節集めました。おせち料理のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る