閉じる
  1. 恐ろしいADHD治療薬の実態
  2. 重度知的障害児の問題行動は、こうやって改善した。他害行為も
  3. 発達障害もあらゆる病気を改善するアロエベラ。
  4. 障害児の子どもが居ても稼げる在宅ワークのいろいろ
  5. お節集めました。おせち料理のページ
  6. 重度知的障害で重度自閉症と幼児期に診断されて、大人になった今は?
  7. 「普通学級」「支援学級」「支援学校」それぞれのメリット・デメリットに思…
  8. 稼げるライティング
  9. 発達障害児に飲ませる抗精神薬は覚せい剤と言うことを知っていますか?
閉じる
閉じる
  1. 『弓と禅』にみる日本の精神、相撲道、弓道、武道の心
  2. モンゴル力士会の八百長疑惑がもめ事の真相では?相撲のルーツ
  3. 年末年始はワイン飲んで歌いまくります。おうちで”(-…
  4. 正史を捨てた韓民族。半島南部は倭人が支配していたと載ってるものだから(…
  5. 韓半島は五千年間無人で。南部には倭人が住んでいた。(1)
  6. ムチンについての間違い!植物性ムチンは無い!
  7. スサノオノミコト=スサ(ペルシャ)の王=帝釈天=ソシモリ=牛頭天王(1…
  8. 伏見稲荷大社は、「JINRI」=過越の子羊=(イエスキリスト)を祀って…
  9. 重度知的障害者娘の最近の様子。うち流自閉論「普通最高!」
  10. オステオポンチンとは、何ぞや? 老化の秘密がわかった!
閉じる

そこはかとなく愉しからずや

発達障害の子のやる気を引き出す行動療法/ABA実践マニュアルにツッコミ感想

もう成人している重度知的障害者で自閉症の娘ですが。たまに療育の本も読みます。今回は『イラストでわかる ABA実践マニュアル 発達障害の子のやる気を引き出す行動療法』つっこみ的な感想をまじえつつ、教育はどうあるべきか?について考えてみたいと思います。

スポンサーリンク



私がうちの子の療育法として取り入れてきたのは、当時日本で初めて紹介された「応用行動分析」の本を発達外来の児童精神科医の先生にご紹介していただいてからでした。当時は今みたいに応用行動療法の本は一冊もありませんでしたし、今の方は恵まれていると思います。

けれどABAがすべてだと思っているわけではなく、いいとこどりで他の療育法も取り入れてきました。

思うに、

重度知的障害児だってかかわりは「ふつう」で良いと思っています

しかし「ふつう」の定義が人それぞれでバラバラなのに気が付きます。うちは、うちが「ふつう」と思っている「ふつう」が良いわけで、人が言う「ふつう」には疑問を感じることもありますし、人から見て、私の言う「ふつう」はふつうでないのかもしれません。

ABAのような行動療法の本を読まなくても、最初からABAのようなかかわりが「ふつう」の人も多いと思います。

何か問題が起きている親子さんには、この行動療法の考え方は、行動の問題を起こさせないヒントがたくさんあると思います。

しかしABAも万全ではありません。親御さんやかかわる人の向き不向きもあるかと思います。

以上をふまえて

『ABA実践マニュアル』に、つっこみ的、感想を述べたいと思います。例によって、赤字は当方の感想というか意見です。

実践を参考にされたい方は、本を買ってご自分で吟味されてくださいね。

イラストでわかるABA実践マニュアル

目次  2才から4才の自閉症児への関わりについて書かれた本です。

幼い時を思い出しながら、赤字でツッコミをいれます。赤字は管理人の主観による感想と説明です。

第1章 ABAの基礎(1)・・・行動を理解する4つのポイント

  1. 行動を理解しよう① 強化

  2. 行動を理解しよう② 消去

  3. 行動を理解しよう③ 罰

  4. 行動を理解しよう④ 行動をする前の出来事

強化とはが行動にほうびが与えられると行動が増加すると言った専門用語の説明から始まります。

並ぶ座る訓練は遊園地で毎週のようにやりました。ガマンさせて並ぶと楽しいアトラクションが待っています。うちの子の場合

コラム 強化 消去 罰の違い

第2章 ABAの基礎(2)・・・問題行動に対処する4つの方法

5.問題行動の原因を理解する

6.問題行動に対処する① 消去

7.問題行動に対処する② DRO

DROって何かしらと読むと、他行動分化強化とありました。こういうアルファベットの分析用語は好きじゃないんだけど、説明すると

DROの種類を以下に紹介します。

DRAは、代替行動分化効果といい、たとえば痰で楽しんでいる場合、痰の代替物としてチューインガムを与えて、好ましくない痰で遊ぶことを消去します。

DRIは対立行動分化強化といい、例えば性器いじりが問題の子には、両手を使わないとできない工作をやらせて性器いじりを消去します。

DROは、好ましくない行動を社会的に容認される行動に置き換えて、問題行動を起こさせない手法ですね。

8.問題行動に対処する③ 罰

罰としてタイムアウトとして楽しい時間をうばう罰ですが、私はこういうやり方は好きではありません。健常児のクラスで給食中に騒ぐ子を一人、廊下に机を出して廊下で食べさせている教師がいました。担任ではありませんが、隣のクラスの先生で、もし私が廊下で食べさせられている子どもの親だったら先生に抗議しますね。

うちの子が小さい時、行動に問題があったとき、うちは体罰ありでした。私のヒザの上に腹ばいに寝させて、パンツをずらしておしりペンペンをしました。実際にやったのは数回です。しかし言葉では「やめないと パンツ脱がしておしりペンペンするゾ!」と脅しに使ってました。

「おしりペンペン」という言葉と「パンツ脱がす」の言葉で けっこう本人ビビって大人しくなりました。その言葉が発展変化して

「お尻剥いて、あ尻ペンペンするぞ!」と遊園地でジタバタするうちの子を叱っていると。見知らぬ若いパパさんに爆笑されてしまい、恥ずかしかった思い出があります。使いすぎるとクセになって、それが発展して奇妙な言い方になるものですね「違うだろ!このハゲっ!」もクセでしょうね、気を付けましょう(笑)

9.問題行動に対処する④ 事前の工夫

コラム 問題行動こぼれ話

当ブログにも、オリジナルの行動の問題の解決法や工夫を多数掲載しておりますので、ご参考にしてください。

サイトマップ | 高齢母と知的障害娘の生活の工夫 : https://kuhuu.info/sitemap/

サイトマップのタイトルにてごらんください。

第3章 ABAの基礎(3)・・・教え方4つの技法

10.教え方の基本① プロンプトと強化

またまたカタカナの意味わからん用語のプロンプトが出てきました。

プロンプトとは促すという意味で手助けやヒントのことを言います。

私は本人が自分でできたと思えるように、目立たない手助けと捉えています。

幼稚園でお遊戯ダンスができるようになったのも、二人羽織状態で、本人の後ろから、本人の二の腕を支えてお遊戯させて、上手じょうずと褒めていました。

11.教え方の基本② ディスクリートトライアングルとランダムローテーション

こういうカタカナ用語覚えるの苦手です(*_*;詳しくは本読んでください。と逃げる(;・∀・)

ランダムローテーションは お腹と言ってお腹をおさえることができたら、ランダム不規則に指示を出します。

それには手遊びが最適ですね。ランダムではないけれど、うちの子は「アルプス一万尺」は得意でした。フルバージョン最後までやりきりました。

以下のように最後ふざけても楽しいですね。

 

コラム 強化子の紹介

 

第4章 ABA初級プログラム

12.セラピーの準備

うちはこのように家庭内セラピーはやりたくなかったです。発達外来のセッションではいろいろやっていただきました。

家庭内はくつろぐところであり、私はやりたくありませんでした。それってサボり? いえ、考えがあってそうしていました。

うちはTPOの区別と、機会を利用するやり方なのです。もっぱらキャンプ場で行動の問題は修正してきました。

わざわざセラピーのような時間を家庭で持つことは好きではありません。キャンプとかの機会がない方には必要な事かもしれませんね。

13.はじめの課題・いすへの誘導

14.マッチング

15.動作模倣

16.音声指示

17.食事スキル

18.目合せ

19.音声模倣

音声模倣という言葉は良いですね。「オウム返し」という言葉はキライです。音声模倣はポジテイブに真似して言えるという褒めている感情があります。「オウム返し」というと、会話で聞いたことをそのままオウム返しして適切に答えられないと言ったネガティブな表現だと思います。

音声模倣とオウム返しの状態は厳密には違うのだけれど、うちは「音声模倣」できます(^◇^)とポジテイブに捉えます。

20.物の名前づけ① 受容的命名

21.物の名前づけ② 表出的命名

22.要求表現

23.衣服の着脱

24.こだわりを克服する

25.遊びを教える

26.関わり遊び

27.動詞の表出

これらについては過去日記に書いてきていますので、サイトマップから参考になりそうな記事を見てください。

 

■動作模倣・音声指示・課題のリスト

■動詞の表出 課題のリスト

コラム 初級セラピーこぼれ話

第5章 ABA中級プログラム

28.色・形

29.2語分

30.分類

31.形容詞

32.位置

33.社交的応答

34.時制

35.物の特徴

36.3語文を教える

37.数

38.ごっこ遊び

39.お絵かき

40.トイレトレーニング

41.集団の中へ

42.ピアトレーニング

43.イエス・ノー

44.質問の弁別

45.勝ち負け

46.じゃんけん

47.服の前後とボタンの教え方

48.情報交換型会話

49.順序

コラム 中級は「行ったり来たり」

中級より上級のほうができることが多かったりして(;・∀・)

第6章 ABA上級プログラム

50.どうして?どうなる?

51.会話の発展

52.文字の読み

53.文字を書く

54.曜日と時間の理解

55.いい・悪い

56.おにごっこ・かくれんぼの練習

57.ルールのある遊び

58.他者視点

59.あげもらい・受け身

60.足し算

61.なわとび

62.体を洗う

意外と文字を書いたり計算したりカレンダーや時計の理解は得意でしたねって2歳児と張り合ってどうするんだ(笑)

重度でもできることは多いけれど、上記の全部できたら健常児ですよね。知能とは関係のない自閉症スペクトラム児もいらっしゃいますから、

これ全部できなくても気にすることは無いですし。何か困ったことが起こったときのために、頭に入れておくのは良いと思います。

教え込んだものはたいして身につかず、本人が好きでやりはじめたものは上達しています。

好きこそものの上手なり とはよくいったものです。

コラム 小学校入学に向けて

 おわりに(療育関係の皆様へ)

参考になる本

■ABAに関する一般的な入門書・解説書

 

■ABAホームセラピーに役立つ参考書

■その他の発達支援の参考になる本


行動療法は困った問題が起こった時に、その困った行動を消去し、好ましい行動を強化するのに効果的な考え方であり、関わり方です。

行動の問題の多くは、間違った関わり方で困った行動を強化してしまったり、間違った要求の仕方を獲得してしまったお子さんや、注目を集めたいがために行動の問題を起こしているのか? わからないがゆえに、本人が困っている状態であるのか?であるのか? 身体的内面的問題を抱えているのか?

親が行動療法の考え方を理解していることは、いろいろな問題が好転することに多いに役立つと思います。どれか一冊でもお手元に置いて幼児期を乗り切っていただきたいですね。

スポンサーリンク




ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ブログランキング

 

 

 

関連記事

  1. 重度知的障害児ための短期集中トイレトレーニング

  2. 重度知的障害児の問題行動は、こうやって改善した。他害行為も

  3. 知的障害のある自閉症児の感情コントロールは? 怒りの抑え方

  4. 重度知的障害者の娘、台風警報で早くに帰宅。

  5. 一日の「行動絵日記」を理解した幼稚園のころ

  6. 重度知的障害者娘の最近の様子。うち流自閉論「普通最高!」

おすすめ記事

  1. お節集めました。おせち料理のページ
  2. 障害児の子どもが居ても稼げる在宅ワークのいろいろ
  3. 重度知的障害で重度自閉症と幼児期に診断されて、大人になった今は?
  4. 「普通学級」「支援学級」「支援学校」それぞれのメリット・デメリットに思うこと
  5. 発達障害もあらゆる病気を改善するアロエベラ。

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年9月
« 8月   10月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
ページ上部へ戻る