閉じる
  1. 稼げるライティング
  2. 「普通学級」「支援学級」「支援学校」それぞれのメリット・デメリットに思…
  3. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ
  4. 重度知的障害で重度自閉症と幼児期に診断されて、大人になった今は?
  5. 恐ろしいADHD治療薬の実態
  6. 発達障害もあらゆる病気を改善するアロエベラ。
  7. 障害児の子どもが居ても稼げる在宅ワークのいろいろ
  8. 発達障害児に飲ませる抗精神薬は覚せい剤と言うことを知っていますか?
  9. お節集めました。おせち料理のページ
  10. 重度知的障害児の問題行動は、こうやって改善した。他害行為も
閉じる
閉じる
  1. 韓国ウソの歴史と日韓関係、ウソは是正すべきでしょ!
  2. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ
  3. 三組三様の不倫疑惑がらみ会見に見るリスクマネジメント能力
  4. 『弓と禅』にみる日本の精神、相撲道、弓道、武道の心
  5. モンゴル力士会の八百長疑惑がもめ事の真相では?相撲のルーツ
  6. 年末年始はワイン飲んで歌いまくります。おうちで”(-…
  7. 正史を捨てた韓民族。半島南部は倭人が支配していたと載ってるものだから(…
  8. 韓半島は五千年間無人で。南部には倭人が住んでいた。(1)
  9. ムチンについての間違い!植物性ムチンは無い!
  10. スサノオノミコト=スサ(ペルシャ)の王=帝釈天=ソシモリ=牛頭天王(1…
閉じる

そこはかとなく愉しからずや

ザビエルより以前に、古代キリスト教国家だった日本。秦氏は景教徒アッシリア人?

私の古代史熱は、縄文人にはじまり、禅宗に興味があり、日本神道に興味があり、ヤマト民族に興味があり、記紀に興味があり、日ユ同祖論に興味があり、古代イスラエルに興味があり、大回りして、やっと景教にたどりつき、目からウロコの原始キリスト教を知りました。これから述べることは、教科書には載っていない、教科書に反する内容です。信じる信じないは各自の判断にお任せします。

スポンサーリンク



 

日本を調べていたら、古代キリスト教が出てくるのです。

普通、学校ではフランシスコ・ザビエル(イエスス会)が、初めて日本にキリスト教を持ち込んだと習いますよね、ところがそれよりもずっと以前の1600年ほど昔に、すでに原始キリスト教(西暦1世紀から5世紀)が古代日本に持ち込まれていたようなのです。

古代では、仏教の形をとって、あるいは神道の形をとって、原始キリスト教が信仰されてきたようなのです。

古代キリスト教とは景教です。景教とはネストリウス派のキリスト教です。

ネストリウス派 – Wikipedia :

教義

両性説はみとめるものの、キリスト位格は1つではなく、神格人格との2つの位格に分離されると考える。それは、救世主(キリスト)の神格はイエス福音書に宿り、人格は消え去った肉に宿っていたことを意味する。また、人性においてキリストを生んだマリア神の母(テオトコス Θεοτοκος)であることを否定する。

ネストリウス派の見解。キリストの神格人格が分離している[3]

各教派での扱い

カトリック正教会プロテスタント等、キリスト教主流派では、ネストリウス派は異端とされる。しかしプロテスタント教会の一部の原理主義的教派では、カトリック教会の聖母崇敬への反発からか、ネストリウス派を支持する動きも見られる。日本基督教団手束正昭は、ネストリウス派は異端ではなく、カリスマ運動だったと主張している。ただし、本来のネストリウス派には聖母崇敬を否定する意図はなかった[4]。また、原理主義的教派はアポリナリオス主義的な説明(キリストは肉体のみが人性で霊魂は人性でなく神性である)が見られ、神学的厳密性に乏しい[5]

 

しかし景教の研究者である佐伯好郎教授によると、秦氏が伝来したキリスト教は、ネストリウス派の景教というよりも、原始キリスト教が直接持ち込まれたものだと言われています。

 

 

中東のナツメヤシの実、デーツ

(中東のドライフルーツのデーツにハマっています。とっても甘いのにGIが低くて太りにくいです。栄養価の高い食べものです)

美味しくてやめられない。

1kgも入って、お安いです。チョコ食べるより、デーツを食べるほうが良いです。GIが低いので糖尿病の人にも食べれると言われています。

砂糖は入っていないのに黒砂糖のような、干し柿を甘くしたようなお味。一日3粒で十分。

 

 

日本に帰化した渡来人秦氏は、アッシリア人だった?

秦氏の出自はwikiにもあるようにいろいろな説があります。

その中でネストリウス派が秦氏の出自だという説を支持します。

 

秦氏 – Wikipedia 

この「ユダヤ人」という呼称が紛らわしくて、誤解を生むと思います。古代ユダヤ人であることは正しいのですが、より正しく言うならばアッシリア人です。現代ではユダヤ人というと白人のユダヤ人をイメージしますが、ここでいう古代ユダヤ人は中東の褐色の人々です。

そもそもキリストのイメージも十字架にかけられた、ひげを蓄えた白人をイメージしますが、本当のイエスキリストは、褐色の中東人でした。

英国BBCの調査によわるイエスキリストの復元図

アッシリアとは、メソポタミアです。チグリス・ユーフラテス川の周辺です。

秦氏が百済から日本帰化した弓月君というのは、正しくはありません。百済は経由地で本来はアッシリアに居た人々です。

アッシリアとはメソポタミアにあった亡びた国で

アッシリア人は世界に散らばった

アッシリアという国は、今のイラクやイランあたりにあり、紀元前900~607年まで大帝国を築いていて、中近東のほとんどの国を制覇していました。

当時のイスラエルは、ソロモン王の死後。南北二つの国に分裂しており、北王国イスラエルと南王国ユダになっていました。

アッシリア帝国は、紀元前722年に、北王国イスラエルを占拠し、その多くの民を捕囚としてアッシリアに連れて帰りました。この捕囚の民が、イスラエル12部族の中の10部族でした。

「イスラエルの失われた10部族」は、日本でも様々に書籍化されています。「日ユ同祖論」の根拠になった人たちです。

そののち、アッシリア帝国は、バビロン帝国(新バビロニア王国)によって征服されます。

聖書の舞台はアッシリアにあった

聖書の地域

  • エデンの園があったと言われる場所はアッシリアの地域です。
  • バベルの塔の場所もアッシリア
  • ノアの箱舟が漂着したアララト山もアッシリア
  • 旧約聖書に出てくる預言者ヨナ(紀元前700年~770年頃活動)が宣教にいったニネベ(現モスル)の町もアッシリアの地域

かつて残虐非道として恐れられたアッシリア帝国の首都がニネベでした。

神はニネベを滅ぼそうとしたのですが、預言者ヨナの宣教で、ニネベの人たちは、悔い改めて悪を離れる努力をし、「神に立ち帰った」ので、神はニネベを滅ぼさなかったと聖書にあります。

アッシリア – Wikipedia

アッシリアAssyria)は、メソポタミア(現在のイラク)北部を占める地域、またはそこに興った王国前2500年 – 前605年)。首都は、初期はアッシュールで、後にニネヴェに遷都した。南側にバビロニアと隣接する。チグリス川ユーフラテス川の上流域を中心に栄え、後にメソポタミアと古代エジプトを含む世界帝国を築いた。アッシリアの偉業は、ペルシア帝国に受け継がれてその属州となった。

アッシリアの隣には、イスラム教を生んだアラビアや、ゾロアスター教を生んだペルシャなどがあります。

ゾロアスター教に基督教に、グノーシス主義に仏教をミックスしたマニ教もペルシャ(3世紀にはじまり、その後滅亡)で生まれました。

イエスの弟子たちは西方だけでなく、東方にもも伝道しました。

イエスの12弟子の一人、トマスはイエスの昇天の2年後には、東方のアッシリアで伝道していました。

アッシリア人やアルメニア人は、異邦人の中で世界で初めて基督教国家を作りました。

トマスはアッシリア東方教会の初代大主教と言われています。

トマスはアッシリアの宣教のあとに、インドでも宣教を始めます。

インドに伝わる伝説によると、トマスは西暦52年にインド南西部のマラバル海岸にあるマランカラ島に上陸し、王から民まで非常に多くの人々に洗礼をさずけ、7つの教会を立てています。

さらにトマスはインド東海岸のミラポールの王から民まで改宗させます。さらにトマスはチベットから中国まで伝道し(今の北京あたりまで)、再びインドに戻って伝道したそうです。西暦72年にトマスはインドのミラーポールで殉教します。

かつてインドのラジェンドラ・プラサド大統領は、「ヨーロッパの国々が、まだほとんど基督教国となっていない時代に、使徒トマスがインドにやって来て、多くの人を基督教徒にしました。インドの基督教が、このようにヨーロッパよりも古く、深い起源を持つものであることは、私たちにとって本当に光栄なことであると思います。」と発言されています。

イエスの他の弟子も、アッシリアや、インドやアルメニアに伝道しています。

6世紀には景教徒の教会もインドに作られています。

さらに12人のイエスの弟子の他に、さらにその弟子の70人の弟子たちが、アッシリアの各地に東方教会の基礎を作りました。

聖書に書かれていること

キリスト昇天から10日後、ユダヤでペンテコスト(5句節)の祭りがあったとき、神の「聖霊」がイエスの弟子たちの上に下ったとあります。

これは実質的に基督教会が誕生した日です。このとき、エルサレムには方々から様々な人が集まっていました。

新約聖書『使徒の働き』2章9節によると

「パルテヤ人、メジヤ人、エラム人、またメソポタミアに住む者たち」も、そこにたくさん来ていたと記されています。すべてアッシリアから来た人々でした。

アッシリアにはいち早くキリストの「福音」(キリストの教え)が伝わっていたのです。

新約聖書『使徒の働き』2章11節によると

アツシリアから来た人々の中にはユダヤ人もいれば、改宗者もいた。とあります。アッシリアには紀元前から多くのユダヤ人が住んでいました。

バビロンの捕囚

かつてアッシリアはバビロン帝国によりる支配され、南王国のユダのユダヤ人たちは、紀元前606年から前536年まで捕囚されていました。

バビロン帝国が滅びて、ペルシャ王国が中近東を支配した時代に、ユダヤ人の一部は、エルサレムに帰還しました。しかし、エルサレムに帰還せずに、捕囚の地に留まったユダヤ人も多かったのです。また「イスラエルの失われた10支族」もアッシリアに住んでおり、アッシリアで「福音」を聞いた人たちの多くがクリスチャンになりました。

そのため、アッシリアで栄えたキリスト教は、ユダヤ的な面があります。

西方基督教と東方基督教の違い

「ローマカトリック」と言われる西方基督教は、ユダヤ的な特徴を排除した基督教。

「アッシリア東方基督教」は、ユダヤ的な面、原始基督教(西暦1世紀)の特徴を大きく残した基督教。

紀元前2400年前から、中国とアッシリアは交易していた

紀元前1200年頃に、中国はアッシリアに使節を送る。

紀元前139年頃、漢の武帝が使者を大月氏の国(現アフガニスタンあたり)に遣わす。

紀元前101年、中国は、中央アジアのアラル海からバルハシ湖南方の国々、大宛、鳥孫、康居などを征服。

西暦67年、後漢の明帝は、大宛、鳥孫、康居の国々と同盟して大月氏の国を破り、中央アジアの約50カ国をすべて征服します。

西暦166年、ローマ皇帝マルクス・アウレリウスは、海路から漢に使節を遣わして、交通しています。

中国には、開封に、ユダヤ人コミュニティがあり、このことはアッシリアの人々や、インドのユダヤ人コミュニティでも知られていました。

トマスが中国に伝道に行ったのは、そうした同族への伝道を志したからと言われています。

西暦1700年頃の道教の僧・徐道が記した『神仙綱鑑』によると

西暦1世紀頃、後漢の光武帝(在位25~57年)の時代に、チベットが中国に侵入しました。中国は撃退しましたが、チベットはイエスに関する話を残して去っていきました。

チベット人が残した話

「中国から西に3年間旅をして、中国の距離の測り方で19万7000里行くと、ある国につき、そこでは辛酉元年(西暦1年)にマリヤという処女が、天の神の示しを受けて子を孕んだ。彼女は子を産むと、布に包んでまぶねに寝かせた。そのときすべての天使が音楽をもって空中を満たした。」というものでした。徐道は、「トマスは中国に来る前にチベットにも福音を伝えているかと思われる」と書いています。

原始基督教の景教は、高度の医術を持つ文化的に高い人々でした。

景教は、ネストリウス派の基督教と言われていますが、それは正しくなくて、景教は使徒トマス以来の原始基督教の流れを組むものです。

東方基督教には、ギリシャ正教やロシア正教があり、景教は、東方基督教の「東方諸教会」ですが、一時は東方社会で最大の勢力をもっていたと言われています。

東方正教会が西方教会(ローマ・カトリック)と分離したのは11世紀ですが、景教と西方基督教の分離は、5世紀頃におきました。

ササン朝ペルシャや、イスラム国が興ったときや、アラブ世界でも景教徒は重んじられていました。

アラビア科学は景教徒が研究員で、ヨーロッパにも多大な影響を与えます。

景教は、その後、唐や、モンゴル帝国の文明を発展させ、日本文化の発展にも、実は景教徒が多大な功績があります。

 

大秦景教流行中国碑

アラム語と漢文で記された碑。唐の時代の景教の繁栄を記した記念碑です。

ウズマサ太秦と似た大秦の文字が見えますが、同じ意味だと言われています。

 

大秦景教流行中国碑 – Wikipedia 

大秦景教流行中国碑(だいしんけいきょうりゅうこうちゅうごくひ)は、末に長安の崇聖寺の境内で発掘された古碑。ネストリウス派(景教)の教義や中国への伝来などを刻す。781年建中2年)に伊斯が建立した。碑文は景浄。古代キリスト教関連の古碑ということで世界的に有名。現在西安碑林博物館に保管されている。

日本に渡来した秦氏の祖は、中央アジアの「弓月」という国から、シルクロードを伝って日本に渡来したと言われています。

秦氏については、次の記事に記載していきます。

参考文献

スポンサーリンク




ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

ブログランキング

関連記事

  1. 太秦(ウズマサ)とは、アムル語でイエス・キリストの事。広隆寺の秘…

  2. 日本人とユダヤ人は、男性だけに伝わる同じYAP遺伝子を持っている…

  3. 日本の文化・習慣と古代ユダヤの文化・習慣はそっくり

  4. ルーツから古代史調べは面白い。秦氏、古代イスラエル、光る玉。

  5. 伊勢神宮三種の神器の八咫鏡を見たという明治の森文部大臣と海軍将校…

  6. 漢字は聖書の言葉から作られた? 空海も景教徒だった?

おすすめ記事

  1. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ
  2. お節集めました。おせち料理のページ
  3. 障害児の子どもが居ても稼げる在宅ワークのいろいろ
  4. 重度知的障害で重度自閉症と幼児期に診断されて、大人になった今は?
  5. 「普通学級」「支援学級」「支援学校」それぞれのメリット・デメリットに思うこと

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る