閉じる
  1. 重度知的障害者の親知らず抜歯手術と経緯/障害者対応歯科
  2. 重度知的障害児の問題行動は、こうやって改善した。他害行為も
  3. 稼げるライティング
  4. 発達障害児に飲ませる抗精神薬は覚せい剤と言うことを知っていますか?
  5. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ
  6. 在宅ワークが一番と判明
  7. 「普通学級」「支援学級」「支援学校」それぞれのメリット・デメリットに思…
  8. 発達障害もあらゆる病気を改善するアロエベラ。
  9. 恐ろしいADHD治療薬の実態
  10. 重度知的障害で重度自閉症と幼児期に診断されて、大人になった今は?
閉じる
閉じる
  1. 自閉症児の育て方?自主的にやりたがる事を伸ばす
  2. ニュース覚え書き
  3. 在宅ワークが一番と判明
  4. ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の理解のための旧約聖書のあらすじ
  5. 古い民謡の囃子言葉は、ヘブル語由来。勾玉はヤハウェを表す?
  6. 相撲界の決まりごと、相撲用語、調べてみました。
  7. 重度知的障害者の親知らず抜歯手術と経緯/障害者対応歯科
  8. 韓国ウソの歴史と日韓関係、ウソは是正すべきでしょ!
  9. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ
  10. 三組三様の不倫疑惑がらみ会見に見るリスクマネジメント能力
閉じる

工夫info!

漢字は聖書の言葉から作られた? 空海も景教徒だった?

日本人の祖先や日本建国について調べていくと、あまりにも古代イスラエルの影響が多く見受けられます。シルクロードから日本に来て、文化を伝えたのは、事実のようです。イスラエルの消えた10支族が散らばって、古代日本の各地にその文化を伝えた痕跡がたくさん見つかります。それは景教徒であったり、ペルシャ人であったり、アッシリア人であったり、秦氏であったり、時代により土地により呼称が違うのかもしれないですし、多くの民族が日本にやってきて文化を伝えた痕跡が見つかります。

スポンサーリンク



文字を作ったのは、景教徒(古代イスラエルの)宣教師?

景教徒の宣教師たちは、国々の言葉を熱心に研究し、その国の言葉でキリストの福音を説いたといいます。ハングルを発明したのは景教徒と言われています。古代中国では、漢字を作って宣教しました。

その漢字は、聖書の言葉を成り立ちに、巧みに考え作られているようなのです。

「漢字に隠された聖書予言」久保有政著から、漢字の意味のみ抜き出してご紹介します。

 

【 田 】創世記第2章10節

田は口と+から成り立ちます。古代漢字では、口は丸く〇と書かれていました。その〇の中に4本の川が+に表します。島津の紋所と同じですね。

田はエデンの園なのです。聖書によると、エデンの園には巨大な泉が湧き出て、4つの川を形成していました。

【 禁 】創世記第2章17節

禁の字は、木+木+示です。これはエデンの園にある二本の木です。

「命の木」と「善悪の木」です。神はアダムとエバに「善悪を知る木からは取って食べてはならない」と二人に命じました。

ちなみに、命の木のモデルはデーツ(ナツメヤシ)とも言われています。

 

【 船 】「Ⅰペテロ」第3章20節

船は、舟と八と口です。口は、中国では、人のことで人を数えるのに使いました。日本でも人口と言いますね。

8人の口と舟です。これは、ノアの箱舟のことで、ノアの妻と、3人の息子と妻たちで8人が、ノアの箱舟に乗ります。

 

【 犠 】

犠は、牛+羊+秀+戈で、古代イスラエルでも古代中国でも、神へのいけにえとして、秀でた(全き)牛や羊を「戈」(ほこ)を用いて刺し殺し、捧げられた。それが犠牲の犠になった。

 

【 先 】

先の字は、土+ノ+ 先の下の部分 アダムは、土から作られた。ノは命のことで、先の下の(にんにょう)は人を意味します。

 

【 造 】創世記第2章7節

「神である主は、土地のちりで人を形造り、その鼻に命の息を吹き込まれた。そこで人は生き者となった」

造は、土+ノ+口+シンニュウとなり、ノは生命のことで、口はアダムに命を吹き込む神の口で、シンニュウは歩行を表す。

造はアダムの創造のこと。

 

【 元 】

元は二+元の下の部分で、二人の両足。つまり人類の元、アダムとエバの二人のこと。

 

【 完 】

完は、元が屋根の下に居る。完全な家庭を持ったアダムとエバのこと。

 

【 果 】

田と木で、エデンの園にある木のくだもののこと。

 

【 福 】

福はシメスヘンのネ+一+口+田で、このネのシメスヘンは、神を表し、一と口は一人の人が神とともにエデンの園に居るの意味。

エデンの園の幸福の意味。

 

【 住 】

住は人+主。人が主である神とともに居ることが「住む」の意味。住むこと、生きることは、同じlive

 

【 魔 】

魔は、 魔の 「まだれ」+木+木+鬼

エデンにおけるアダムとエバのもとに 悪魔が蛇の姿をして近づき、ふたりが神に逆らって罪を犯すように誘惑した。

魔の「まだれ」は「おおい」を表す。二本の木はエデンの二本の木である。つまり悪魔は、二本の木にの陰に隠れていた鬼である。

魔はサタンと呼ばれる鬼である。

 

【 鬼 】

鬼は、田+ノ+ム+「にんにょう」

田はエデンの意味、ノは生きていること。ムは漢字辞典によると、「ぼう」と読み、某の意味。「にんにょう」は人の意味。

鬼はエデンにいた ある霊的存在でサタンのこと。

 

【 裸 】創世記第2章25節

裸は、聖書に、エデンの園のアダムとエバについて「そのとき、人とその妻は、ふたりとも裸であったが、互いに恥ずかしいとは思わなかった。」

しかし彼らが神の命令に背き、「善悪を知る木」の果実を取って食べたとき「ふたりの目が開け、自分たちが裸であることを知った。彼らは果物を取って食べて衣を着る以前の状態が裸。

 

【 被う 】創世記第3章21節

被は、皮+衣。 「アダムとその妻のために皮の衣を作り、彼らに着せてくださった。」皮の衣で被われた。

 

【 呪 】カインとアベル創世記第4章11節

呪は、口+兄

「今あなた(兄カイン)は、呪われてこの土地を離れなければなりません。この土地が口を開けて、あなたの手から弟(アベル)の血を受けたからです」カインが弟を殺し、その土地が口を開けて受けたために、兄(カイン)は、以後 呪われたのである。

 

【 乱 】創世記第11章9節

乱は、舌+「おつにょう」で、舌は言葉を話す舌、「おつにょう」は「にんにょう」の片方で歩いて散った人の意味。乱はバベルの塔から。

大洪水後、人々は増え、最初の帝国主義が現れ、人々は帝国主義の象徴として「バベルの塔」と呼ばれる巨大な塔を建設しようとした。

けれども神は、その試みを喜ぶことはなかった。神は人々の言葉を乱すことによって、塔の建設を中断させ、人々を全地に散らした。

 

 

【 滅 】ペテロの手紙第3章7節

滅は、水(さんずい)+火+成

「当時の世界(ノアの大洪水のときの世界)は、その水におおわれて滅びました。しかし、今の天と地は・・・火に焼かれるためにとっておかれ、不敬虔な者どもの裁きと滅びとの日まで、保たれているのです」

世界の「滅」は、「水」と「火」によって「成」るのです。

 

【 來 】ルカの福音書第23章32~33

来は古くは來と書いた。

來は。  大きな人+人+人+十 「ほかにも、二人の犯罪人が、イエスとともに死刑にされるために、引かれていった。人々は、イエスと犯罪人とを十字架につけた。」

 

【 架 】

架は、力+口+木。 口は人口というように人の意味。 力ある人が木の上にかけられている。すなわちイエスのこと。

 

【 木 】

木は、十と人。イエスがかけられた十字架を表す。聖書では十字架のことを、しばしば「木」と呼んでいる。

 

【 士 】さむらい。

士は、十+一  一(地面)の上に立っている (十)字架。つまりメシアは、まことの士(サムライ)として、人々の救いのために、いさぎよく十字架上で犠牲の身代わりの死をまっとうしたと言う思想。

 

【 贖 】あがない。テモテへの手紙第2章6節

贖は、貝+士+買 「キリストは、すべての人の贖いの代価として、ご自身をお与えになりました」

貝は昔、貨幣として使われました。つまり「士」(メシア)が十字架上の犠牲の血という代価を払い、罪と滅びの状態にあった私たちを、神のもとへ「買い」戻した。それが「贖」(あがない)の意味。

 

【 計 】

計は、言+十  聖書は、メシア=イエスを「神の言」と呼んでいる。「計」は、メシアが「十」字架にかかり、人々のために、罪と滅びからの救いの道を開くことでした。メシアが人々の贖いのために、十字架にかかることは、神の遠大な計画によるものでした。

 

【 信 】ヨハネの福音書第1章1~4節

信は、人+言  聖書は、メシア=イエスのことを「言」と呼んでいる。「初めに言(ロゴス)があった・・・このかたは初めに神とともにおられた。・・言は人となって私たちの間に住まわれた」信は、人が神の言なるイエスと共に歩むことの意味。

 

【 義 】

義は、羊+我  聖書では、イエスは象徴的に、「私たちのための過越の子羊」と呼ばれている。 かつて、出エジプトのとき、過越の子羊の血を入り口に塗ったイスラエル人の家族はみな救われた。義は正しいの意味。「子羊イエスのもとに我があること」によって義はもたらされる。

 

【 示 】神聖なものを意味している。

示の、一番上の「一」は、祭壇のいけにえ、その下の長い「一」は、祭壇のテーブル。その下の「小」は、真ん中がテーブルの足で、両側にいけにえの血が流れている光景といわれている。

 

【 神 】神の旧漢字は 神

神は、示+申  示(祭壇)において神は、言葉を申すおかたである。 これは古代イスラエルなどの神聖な儀式で拝まれていた神と同じ観念です。かつて、古代中国や、古代日本においても、祭壇で動物供犠が行われ、神への礼拝が行われていた。

 

【 聖 】ローマ人への手紙第10章17節

聖は、耳+口+王 「信仰とは聞くことからはじまり、聞くことはキリストについての御言葉によるのです」17節

「もしあなたの口でイエスを主と告白し、あなたの心で神はイエスを死者の中からよみがえらせてくださったと信じるなら、あなたは救われる」9節

つまり、イエスは我らの王であり、そのかたについての御言葉を「耳」で聞き、そのかたを心に受け入れて、イエスこそ人生の「王」であると「口」で告白するなら、あなたは救われるという。そのとき、罪と滅びの運命から救われ「聖」とされる。聖は神に属するもの、神のものとされる。

 

【 命 】ヨハネの黙示録第3章20節

命は、一+人+叩  「見よ。私(イエス)は、戸の外に立って叩く。だれでも、私の声を聞いて戸を開けるなら、私は彼のところに入って彼とともに食事をし、彼も私とともに食事をする」イエスが私たちの心を叩き、私たちが心の扉を開き、彼を内に迎え入れるなら、それが信仰であり、そのとき彼の与える永遠の「命」に生きることができる。

 

【 愛 】善きサマリア人の話

愛の中心は、心。愛の心の上は、「後ろに心を残しながら振り向く人の顔を表していた。心の下の部分は、人の足を表す。「愛は、心を寄せ、気持ちを寄せ、足を使って思いやりを示すことを表している」

隣人愛として「善きサマリア人」の話。「そのサマリア人は、道端で負傷して倒れている人を思いやり、心を寄せ、行動を起こして助けた。それが愛である。」

そうした愛を聖書は「アガペーの愛」と呼んでいる。友情や親子間の愛などを「フィレオー」といい、男女間の愛を「エロス」と呼んでいる。

愛の漢字は、アガペーの愛である。

 

【 慈 】イザヤ書第66章13節

慈は、一番下に「心」、その上に「糸」の半分が二つ、その上は、並び生えた草を表す象形になっている。これは子を増やして育てる心を意味する。

「母がその子を慰めるように、私(神)もあなたがたを慰める」

 

漢字のすべてが聖書から考えられたものではありません。象形文字から発展した漢字も多いわけですが、そもそも漢字は中国が漢と呼ばれていた時代に作られたので「漢字」というのです。そのころは、中国で景教が大流行していた時代でした。漢字の成り立ちに、聖書の発想が大いに影響していたであろうことは、納得できることです。日本から唐に仏教を習いに行っていた空海も、景教の影響を受けて仏教の中に取り入れて真言宗を作ったと言われています。真言宗高野山には、中国西安(旧長安)にある、あの「大秦景教流行中国碑」の模造碑が置かれています。これは、景教研究家のエリザベス・A・ゴードン女史によるものです。『十字架の国・日本』の著者のケン・ジョセフ氏が高野山の僧侶に景教のことを聞いてみると、「ええ、うち(真言宗)は景教からきていますから」と言われたと著書にかかれています。さらに真言宗の僧侶は、「うちは(真言宗)は、単なるグレた景教にすぎないんです」と口外できないようなことを外国人の私に言われたとも書いています。

空海は中国で景教を学びました。今でも高野山では、儀式の最初に十字を切ります。景教の儀式からきているそうです。

空海は唐に渡る前から、故郷の讃岐で、秦氏あるいは景教徒の人々と接触していたようです。讃岐は秦氏が多く済むところでした。

空海が持ち帰った仏教は、シャカが説いた仏教とは似ても似つかぬもので「密教」です。密教は景教と混合した仏教だと述べる学者もいます。

次回は、もう少し、空海と景教について掘り下げてみたいと思います。

スポンサーリンク




ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 ニュースブログへ
にほんブログ村

ブログランキング

関連記事

  1. 木嶋坐天照御魂神社・蚕の社 三柱鳥居の秘密

  2. ザビエルより以前に、古代キリスト教国家だった日本。秦氏は景教徒ア…

  3. 伏見稲荷大社は、「JINRI」=過越の子羊=(イエスキリスト)を…

  4. 秦氏は、弓月国(キルギス・カザフスタン辺り)から日本に渡来してき…

  5. 太秦(ウズマサ)とは、アムル語でイエス・キリストの事。広隆寺の秘…

おすすめ記事

  1. 在宅ワークが一番と判明
  2. 古い民謡の囃子言葉は、ヘブル語由来。勾玉はヤハウェを表す?
  3. 重度知的障害者の親知らず抜歯手術と経緯/障害者対応歯科
  4. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ
  5. お節集めました。おせち料理のページ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2017年10月
« 9月   11月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
ページ上部へ戻る