閉じる
  1. 重度知的障害者の親知らず抜歯手術と経緯/障害者対応歯科
  2. お節集めました。おせち料理のページ
  3. 重度知的障害で重度自閉症と幼児期に診断されて、大人になった今は?
  4. 恐ろしいADHD治療薬の実態
  5. 障害児の子どもが居ても稼げる在宅ワークのいろいろ
  6. 「普通学級」「支援学級」「支援学校」それぞれのメリット・デメリットに思…
  7. 稼げるライティング
  8. 在宅ワークが一番と判明
  9. 古い民謡の囃子言葉は、ヘブル語由来。勾玉はヤハウェを表す?
  10. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ
閉じる
閉じる
  1. 在宅ワークが一番と判明
  2. 久しぶりの投稿です。実はお勤めしはじめたので忙しかったです。
  3. ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の理解のための旧約聖書のあらすじ
  4. 古い民謡の囃子言葉は、ヘブル語由来。勾玉はヤハウェを表す?
  5. 相撲界の決まりごと、相撲用語、調べてみました。
  6. 重度知的障害者の親知らず抜歯手術と経緯/障害者対応歯科
  7. 韓国ウソの歴史と日韓関係、ウソは是正すべきでしょ!
  8. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ
  9. 三組三様の不倫疑惑がらみ会見に見るリスクマネジメント能力
  10. 『弓と禅』にみる日本の精神、相撲道、弓道、武道の心
閉じる

工夫info!

ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の理解のための旧約聖書のあらすじ

ややこしい中東問題。宗教の対立から生まれた紛争なのはわかるけれど、その関係も複雑すぎていまいちわからない。ユダヤ教もキリスト教もイスラム教も、旧約聖書を基にしているので、旧約聖書をあらすじとして理解してたいと思います。ややこしい中東問題も、聖書を理解することでわかりやすくなります。
スポンサーリンク



聖書の内訳

聖書には、旧約聖書39巻と、新約聖書27巻があります。全部で66冊の本がまとめられたものを、聖書といいます。

旧約聖書 とは?

旧約聖書は4つに分けられます。*それは年代順には並んでいません。

(1)律法書(モーセの律法、ユダヤ人はトーラーと呼びます)

(2)歴史書

(3)文学書

(4)預言書

旧約聖書には、神ヤハウェが愛情を持って人間を造り、宇宙や地球、動物、植物を造ったかが説明され、神の愛情を受けたにもかかわらず、人間は罪を犯し、死の呪いを受けるようになります。

それでも、神ヤハウェは愛する人間のために、一つの小さな民族を選び、その子孫から人類の救世主「メシア」を送り出すことを約束します。

その歴史と預言が書かれているのが「旧約聖書」です。

新約聖書とは?

新約聖書には、旧約で預言された「メシア」がどのように現れ、何が起こったかが書かれています

福音書と呼ばれる4巻には、メシアの生涯が書かれています。

新約聖書の預言の書である「黙示録」には、実現していない未来のことが書かれ、それをどう捉えて、どう備えるかを考えさせるようにできています。

それは、神による「人類救済計画」とされています。

旧約聖書の内容を4つに分類

【律法書】

「創世記」「出ジプト記」「レビ記」「民数記」「申命記」

世界の起源と、神ヤハウェの選んだ民について。言者モーセを使い、エジプトの奴隷であった民を自由へと導く。ヤハウェに背く民の話と、

何度も背く民を正しい方向に導くことを神ヤハウェは約束。(モーセはユダヤ教の祖)

【歴史書】

「ヨシュア記」「士師記」「ルツ記」「サムエル記第一」「サムエル記第二」「列王記第一」「列王記第二」

「歴代誌第一」「歴代誌第二」「エズラ記」「ネヘミヤ記」「エステル記」

ヤハウェは、民を約束の地(カナン)に連れていき、そこで、敵との戦いや統治する王を選ぶ。ソロモン王やダビデ王。

イスラエルは栄華を極めるが、人々は良くない行いの戒めを受ける。

イスラル王国は二つに分裂し、どちらの国も人々は敵国に連れ去られ、国は滅亡する(バビロンの捕囚)

人々の希望は、国に帰り、永遠の王(メシア)がやってくるという、ヤハウェの約束に望みかけた。

【文学書】

「ヨブ記」「詩編」「箴言」「伝道者の書(コヘレト書)」「雅歌」

〈善良な人間になぜ悪いことがおこるのか?〉という難しい質問から始まる「ヨブ記」。詩をとおしてヤハウェの人々への愛や、美しい世界観を表している。やがて指導者〈メシア〉がやってくる約束が、詩の中にたくさんみつかる。

【預言書】

「イザヤ書」「エレミヤ書」「哀歌」「エゼキエル書」「ダニエル書」

5つの大予言書の中で、ヤハウェは、預言者遣わして、メッセージを送っている。それは、イスラルが敵に攻撃され、絶体絶命のピンチのときに送られている。それは「ヤハウェの戒めに従え、さもなくば罰せられる」というもの。

人々はそれに従わず、滅びの道をたどるが、ヤハウェは未来にメシアを送ると、預言者を通して何度も約束している。

創世記〈聖書の一番はじめ〉

創世記は、神ヤハウェの「光あれ!」から天地創造が始まります。

神は天地創造の最後の日に、アダムとイブを作ります。アダムとイブは禁断の木の実を食べてしまい、神の怒りにふれ、エデンの園を追われます。その後、人類は増えますが、人類は神を怒らせ、神は人類を滅ぼすために、大洪水をおこします。

神は善人のノアとその家族だけを助け、ノアに大きな箱舟を造らせます。そして地球上の動物のつがい箱舟に乗せ、大洪水が引いたあと、ノアの子ども、セム、ハム、ヤペテが人類の祖先となります。

三男のヤペテが小アジアなど北方の民の先祖となります。

次男のハムは、エジプトなどアフリカ北方の民の先祖になります。

長男セムの子孫が、「天啓の書」を持つ ユダヤ人、アラブ人となります。

つまり、「旧約聖書」とは、セムの子孫の物語です。

「旧約聖書」は、セムの子孫の物語

セムの子孫アブラムの一族〈父の代にカルデヤの町ウルを捨て、苦難の旅を続ける」

アブラムは、ハランという町につき住みつく。ある日、アブラムは神から、カナンに行くよように言われる。

アブラム一行はカナンに着くが、すでに住んでいる人々がいた。アブラムは神ヤハウェが約束された土地で待つことにした。

アブラムが99才のとき、神ヤハウェが現れ、アブラムを多くの民の父とする契約をされる。神はこれより、アブラハムと名乗るように言われる。

神との契約の印として、アブラハム一族の男子は、割礼施すことになる。

ユダヤ教では男子生後8日に性器の一部を切り取る割礼を行う。

アブラハムには息子が二人いた。妻サラの産んだイサク〈次男〉と、使え妾ハガルの産んだイシュマエル(長男)がいたが。

イシュマエルを遠くに追いやり、神の命令でイサクを跡継ぎにした。

イシュマエルは荒野に住みつき、アラブ人の祖先になった。

アブラハムの息子イサクの子ヤコブ(のちのイスラエル)には12人の男の子が生まれた。

かれらの子孫がのちのイスラエルの12部族となる。

ヨセフは奴隷としてエジプトに売られる

ヤコブ(イスラエル)の息子ヨセフは、頭が良く、特別に可愛がられていたため、兄たちに妬まれ、奴隷としてエジプトに売られてしまう。

ヨセフには夢の謎を解く特技があり、エジプトのファラオに呼び出され夢を解き、凶作預言し知恵のあるものを備えるようにアドバイスすると、ファラオは、ヨセフを長官に任命する。ヨセフの働きでエジプトは救われる。ヨセフはカナンにいる一族をエジプトに呼び寄せる。

BC1600年ころ イスラエルの一族は、カナンからエジプトに移動する。その後400年間でイスラエルの子孫はエジプトで増えていっ

エジプトでイスラエルの人々は自らの神ヤハウェばかり崇め、エジプトの伝統になじまなかったため、エジプトで迫害を受けるようになる。

エジプトで奴隷として苦役を担わされるイスラエルの人々は、預言者モーゼの導きで、エジプトを脱出しカナンを目指す。

イスラエルの一行が、カナンに向かうために紅海の岸辺にたどり着いた時に、エジプト軍が迫ってきた。

その時、モーゼが神に祈り杖を振り降ろすと、海が真っ二つに割れ、イスラエルの人々は海の割れた道を通ることができた。

エジプト軍が追ってくると、モーゼは海を閉じて、エジプト軍は海に飲み込まれた。

モーゼ一行がエジプトを逃れて三カ月後、シナイ山の山中で、モーゼは神から十戒の掟を授かる。

十戒は二枚の石板に刻まれ、アーク(聖櫃)と呼ばれる契約の箱に納められた。

インデージョーンズ「失わわれたアーク」
律法(トーラー)は神の掟や命令であり、十戒は律法の中心であるが、他にも細かい規則として、祭祀の規則、生活の規則、食習慣の規則などが定められている。

ユダヤ教とは?

ユダヤ教は、自らの民を神ヤハウェに選ばれた至上の民(選民)とし、律法を固く守り続ける宗教です。

ユダヤ教 – Wikipedia :

ユダヤ教(ユダヤきょう、ヘブライ語יהדות[1])は、古代中近東で始まった唯一神ヤハウェיהוה)を神とし、選民思想メシア(救世主)信仰などを特色とするユダヤ人民族宗教である。ただしメシア思想は、現在ではハバド・ルバヴィッチ派などを除いて中心的なものとなっていない。 『タナハ』(キリスト教の『旧約聖書』に当たる書物)が重要な聖典とされる。

エルサレムの嘆きの壁で祈るユダヤ教徒

イスラエルVSパレスチナの紛争の始まり

モーゼたちのカナンへの旅は長くつづき、ヨルダン川の東岸のネボ山でモーゼは亡くなり、武人ヨシュアが指導者になる。

イスラエル軍は、神に約束された土地カナンを戦いとるため、他の民と争った。

イスラエル軍の最大の敵は、カナンの地中海東岸部に住む、ペリシテびと(パレスチナ人)だった。

BC1000年頃、カナンのベツレヘムにダビデが登場する。

ダビデはのちに、イスラエル統一王国の王になる。

当時イスラエルは、ペリシテびと(パレスチナ人)に対抗するため、サウル王をたて、少年ダビデはサウル軍で頭角を現わせていく。

ペリシテ軍1の大男のゴリアテをダビデは打ちとる。ゴリアテ倒したダビデの名前はあがり、イスラエルの民は、「サウル王は千を撃ち殺し、ダビデは万を撃ち殺す」と讃えた。

サウル王はダビデを恐れ、ダビデの命を狙ったため、ダビデはイスラエルのサウル王のもとから去る。

その後、ダビデはペリシテ軍のアキシのもとに手下とともに身を寄せる。

ダビデ

ペリシテの大群は、ギルボア山でサウル王の率いるイスラエル軍と戦う。

ペルシテびとは、サウル王のイスラエル軍を討つと、ダビデをイスラエル南部の王にした。

イスラエル北部を治めていたサウル王の子のイシボセテが死ぬと、ダビデはイスラエル全土掌握し、エルサレムに都を置いた。

今度はダビデは、イスラエル統一王国(ヘブライ王国)を完成するために、ペリシテ軍を討っていく。

なんだか、寝返ってばかりのダビデが、イスラエルを統一するのですね(*_*;

イスラエルびとに追われたペリシテびと(パレスチナ人)の苦難は、この時代から始まったのでした。

ダビデ王の子、ソロモン王の時代は、アラビアからシバの女王が朝貢にきて、イスラエル統一王国の繁栄を極めたが、ソロモン王の死後、BC930年頃

イスラエルは南北に分裂してしまう。

その後、BC721年には、イスラエルの北王国がアッシリアに滅ぼされる。南王国ユダも100年あまり新バビニアに脅かされる。

エルサレムは焼き尽くされ、ユダの王ゼキアと人々はバビロンに連れ去られる(バビロンの捕囚)BC586年

新バビロンのネブガドネザル二世がエルサレムを焼き尽くし、民を捕虜として連れ去る(バビロンの捕囚)

新バビロニアの都バビロンは、当時世界一の壮麗さを誇っていた。その後、ネブガドネル二世が亡くなると、新バビロニアは、ペルシア帝国に滅ぼされる。

ペルシア帝国の王、クロス二世は、捕囚のユダの民に、エルサレムに戻り神の宮を復興する許可を与える。

BC538年ユダヤ人はエルサレムに戻る

ペルシアが弱体化するBC330年までは、ユダヤ人(古代イスラエル人)は十戒を守りながら平穏な日々を過ごす。

その後BC330年ペルシアはアレクサンダー大王に滅ぼされギリシアの支配になる。イスラエルもBC332年にギリシアに支配される。

ここまではユダヤ教の時代についてご紹介しました。

【関連過去記事】↓こちらもごらんください。

原始キリスト教とは?ユダヤ教とキリスト教の違い。各宗派の違いは? | そこはかとなく愉しからずや :

イスラエル史と世界史と日本史の年表 | そこはかとなく愉しからずや :

★トランプ大統領は、エルサレムをイスラエルの首都と認めると発言しましたね。今後再び荒れそうな中東問題はどうなっていくのでしょうね?

スポンサーリンク




ランキングに参加しています。クリックお願いしますm(_ _)m

にほんブログ村 歴史ブログ 日本史へ
にほんブログ村

にほんブログ村 シニア日記ブログ 独身シニアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 子育てブログ 成人自閉症者育児へ
にほんブログ村
ブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村

人気ブログランキング




 

おすすめ記事

  1. 在宅ワークが一番と判明
  2. 久しぶりの投稿です。実はお勤めしはじめたので忙しかったです。
  3. 古い民謡の囃子言葉は、ヘブル語由来。勾玉はヤハウェを表す?
  4. 重度知的障害者の親知らず抜歯手術と経緯/障害者対応歯科
  5. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

2018年2月
« 1月   4月 »
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
ページ上部へ戻る