閉じる
  1. 重度知的障害で重度自閉症と幼児期に診断されて、大人になった今は?
  2. 恐ろしいADHD治療薬の実態
  3. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ
  4. 重度知的障害者の親知らず抜歯手術と経緯/障害者対応歯科
  5. お節集めました。おせち料理のページ
  6. 在宅ワークが一番と判明
  7. 古い民謡の囃子言葉は、ヘブル語由来。勾玉はヤハウェを表す?
  8. 発達障害もあらゆる病気を改善するアロエベラ。
  9. 障害児の子どもが居ても稼げる在宅ワークのいろいろ
  10. 重度知的障害児の問題行動は、こうやって改善した。他害行為も
閉じる
閉じる
  1. 自閉症児の育て方?自主的にやりたがる事を伸ばす
  2. ニュース覚え書き
  3. 在宅ワークが一番と判明
  4. ユダヤ教・キリスト教・イスラム教の理解のための旧約聖書のあらすじ
  5. 古い民謡の囃子言葉は、ヘブル語由来。勾玉はヤハウェを表す?
  6. 相撲界の決まりごと、相撲用語、調べてみました。
  7. 重度知的障害者の親知らず抜歯手術と経緯/障害者対応歯科
  8. 韓国ウソの歴史と日韓関係、ウソは是正すべきでしょ!
  9. 角界や角道の「角」の語源は古代キリスト教から、日本神道のルーツ
  10. 三組三様の不倫疑惑がらみ会見に見るリスクマネジメント能力
閉じる

工夫info!

カテゴリー:健康の工夫

お勤めは4ヶ月でリタイアです。この夏の暑さは想定外でした。オフイス街のキレイなビルの高層階のオフィスで快適に働いていたのですが、通勤が辛い! 往復1万歩も炎天下を歩いての毎日に、とうとう熱中症になりました。水分2L飲んでもすべて汗に…

ワインは、チリカベのBoxワイン専門です。 ワインはチリカベですよ!高級なワインなんて、よう買いませんから。ほぼかんジュースとコスパ同じのチリカベのBoxに限ります。チリカベとは何ぞや?という方のために、チリカベBOXの良さについて熱く語り…

悪い風邪をひきまして、10日ほどたちましてようやく治りました。れんこんパウダーと乳酸菌で治しました。過去記事には「自閉症児に多い喘息/風邪・花粉症アトピー対策は蓮根ヨーグルト」で蓮根についてご紹介しましたが、そこに学術秘書さんから、…

オステオポンチンって、なんちゅうネーミングでしょうか?(笑)おもわず何それ?ってなります。オステオポンチンとは、老化の原因物質なのだそうです。老化を進める原因物質のオステオポンチンを減らせば、老化を止められるそうなのです。そんなオステオポン…

いろんな宅配サービスのお試しセットを試してきています。もう趣味ですね(笑)スーパーの食材ばかりですと、メニューもマンネリ化して、おいしい感動がなくなってきます。おいしい満足がないと、食べ過ぎてしまい。おいしい満足感がないと欲求不満で食べてし…

今年は、お節を作ろうか? プロのお節を頼もうか? 迷っている方のご参考に!プロのメニューを参考にして自分でつくるのもありですね。でもプロのお節を最初から注文するほうが、食材の無駄もないし。なにより時間が有効に使えますし、疲れ…

先日(2017/11/2)TVの「得する人損する人」で紹介していたダイエット法がなかなか画期的でしたのでお知らせします。番組で紹介された足回し運動は、前記事で紹介しました。今回は食べて帳消しにする、プラスして代謝をあげる…

先日のTVでやっていたダイエット番組が(2017年11月2日放送の日本テレビ系『得する人損する人』)、なかなか興味深かったので忘れないように保存します。なかでも高橋克典さんおすすめの足回し体操が効きました。腸腰筋を鍛えるのです。代謝もあがる…

豊田真由子議員のヒステリックな叫びに近い、言動は、大阪では若いママさんでよく見ます。一割未満だと思いますが。本来、大阪弁のアホとか、死ねは、愛ある言葉として表現されることがあるのです。スポンサーリンク大阪…

障害児のいる親はなんとしても長生きしなくっちゃいけません。世界一の長寿国の日本の100才以上の長寿者が6万7千人を超えました。100才以上の長寿者のことをセンテナリアン(centenarian)と言います。私もセンテナリアンを目指します。私…

自閉症スペクトラム症の発症原因の仮説が、いろいろ出てくる時代になりましたね。多様な原因があると思います。しかし臨床結果の統計が集まるにつれ、濃い原因の一つかもしれない事例が出てきますね。ならば解決策も見えてきます。私は十分な栄養素が自然治癒…

「自閉症体操」としていますが、自閉症のための体操という意味ではありません。自閉症児さんにも良いですが。自閉症児がよくやるお手手ヒラヒラを真似してみたら、脳がスッキリして末梢神経まで血液が流れて、やる気スイッチが入ったようになるという主観です…

重度知的障害者の上に目も悪いなんて、今年初めてのメガネを作りました。思いのほか視力が悪くなっていて、可哀想でした。高校を卒業してから視力を計ることがなかったですから、高校生の時は0.6見えていましたから油断していました。重度知的障害児の視力…

自律神経失調症を放置していて、うつ病に進行してしまう人もいます。また、季節の変わり目に体調を崩したり、気分がすぐれなくなったりします。小さなストレスもそれが続くと心身に不調をきたしたりします。身体的ストレスが続くと心的にも不調になったりしま…

あるフレーズの音楽が耳について離れなくなったりすることをイヤーワームと言います。ボブディランの「風に吹かれて」という曲が耳について離れないことからディラン効果という人もいます。テトリス効果というゲームの映像のリピートが脳内で繰り返されるとい…

重度知的障害児のダイエットは?どうすればうまくいくのか?食いしん坊の重度知的障害児のダイエットのための食事制限は大変ですよね。お腹が空くと機嫌悪くなるし。重度知的障害児に取り入れやすいダイエットはどうすればいいでしょうか?私自身も重度知的障…

知的障害児や発達障害児や自閉症児やダウン症児のお子さんたちで、シャンプーで遊んでしまい困ると言うことは多いですね。シャンプーで遊ばさない工夫についてお知らせします。またシャンプーから耳垂れになってしまった場合の治し方の工夫もおしらせします。…

大渕愛子弁護士がブログでお子さんの頭蓋骨変形について悩まれ、頭蓋形状誘導ヘルメットをお子さんに装着することを決意されたことを発信されていました。頭蓋骨形状誘導とは? 頭蓋骨形状誘導ヘルメットとはどのようなものでしょうか?いろいろ調べてみまし…

本来のスマートドラックは精神科医が処方する精神薬を指すことが多いのですが、最近はスマートドラックは、広義にはサプリメントも含むようです。通称スマドラと呼ばれ、個人が気楽に個人輸入して服用し体制がついて依存症になり、精神科に駆け込むよ…

母体の栄養状態により胎児に起こる障害があきらかになってきています。最近では妊活には「葉酸」の摂取が必須であるとの啓発記事も見かけるようになりましたね。葉酸はビタミンの一種で葉酸が母体に不足すると、無脳症という脳が無い状態の赤ちゃ…

アロエベラの書籍をもう10冊以上読んでいます。アロエベラには細胞を正常に増殖させる作用があります。200種類以上の成分を含み、様々な効果のある不思議な植物のアロエベラをご紹介します。近年の臨床結果でアロエベラは様々な病気に有効であること…

もう、すっかりアロエベラに魅せられて、毎日アロエベラを食べています。なぜヨーグルトにアロエがあるのか?アロエだけ各ヨーグルトメーカーで発売しているのか?実は、お腹の善玉菌の大好物がアロエベラなのです。なんと食物繊維よ…

最近、毎日親子でアロエヨーグルト食べています。アロエベラ単体も食べてます。ほんの数日つづけただけで、お肌がツルツルになったのにビックリ。普段から美容と健康に良い食べものを好んで食べている私ですが、アロエを夜に食べた翌日の肌のすいつく…

現在では、腸内細菌が、脳内の情報伝達やエネルギー代謝に関わる物質の産生に、影響を及ぼすことがわかってきて、うつ病や自閉症、認知症や、脳の機能障害による症状に腸内環境の改善を第一に考えるサイコバイオティクスという試みが始まっています。…

曹洞宗の開祖の道元は、仏道をならふというふは、自己をならふなり。自己をならふといふは、自己をわするるなり。自己をわするるといふは、万法に証せらるるなり。万法に証せらるるといふは、自己の身心および他己の身心をして脱落せしむるな…

現在、自閉症の療育は、行動療法や応用行動分析が主流ですが、脳と腸の関係があきらかになるにつけ、今後は腸を改善する療育法や治療が主流になるっていくかもしれない研究発表があいついでいます。自閉症がわかったら、腸内環境を調べて、健康な人の…

植物性のケイ素はホースティルと言ってスギナから抽出します。スギナはつくしが大きくなったものですね、つくしもケイ素が豊富です。自閉症を改善する栄養素としてケイ素が注目されているようです。これについては引き続きケイ素の働きとして調べていく予…

興味深いニュースがありました。聴覚過敏の原因を一部解明との報告です。自閉症:患者の聴覚過敏 三重大が原因一部解明 /三重 - 毎日新聞 : http://mainichi.jp/articles/20170314/ddl/k24/0…

今年の花粉は最強ですね。スマホに花粉症チェックアプリ入れてますが、本日はメモリ4の花粉非常に多い・スギ花粉中心と出ています。鼻水はヘスペリジンやレンコンのおかげで症状はほとんど出ません。いちおうマスクはしています。困るのが目…

赤ちゃんがハイハイして、手に触ったものを食べてしまう。これは結果的に異食であっても、厳密には異食ではありませんね。親の不注意です。異食とは食べものでない物に異常な食欲を感じて、食べものでないものを食べてしまうことで異食症と呼ばれてい…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る