閉じる
  1. 発達障害もあらゆる病気を改善するアロエベラ。
  2. 障害児の子どもが居ても稼げる在宅ワークのいろいろ
  3. 「普通学級」「支援学級」「支援学校」それぞれのメリット・デメリットに思…
  4. 恐ろしいADHD治療薬の実態
  5. 稼げるライティング
  6. 重度知的障害児の問題行動は、こうやって改善した。他害行為も
  7. お節集めました。おせち料理のページ
  8. 発達障害児に飲ませる抗精神薬は覚せい剤と言うことを知っていますか?
  9. 重度知的障害で重度自閉症と幼児期に診断されて、大人になった今は?
閉じる
閉じる
  1. 『弓と禅』にみる日本の精神、相撲道、弓道、武道の心
  2. モンゴル力士会の八百長疑惑がもめ事の真相では?相撲のルーツ
  3. 年末年始はワイン飲んで歌いまくります。おうちで”(-…
  4. 正史を捨てた韓民族。半島南部は倭人が支配していたと載ってるものだから(…
  5. 韓半島は五千年間無人で。南部には倭人が住んでいた。(1)
  6. ムチンについての間違い!植物性ムチンは無い!
  7. スサノオノミコト=スサ(ペルシャ)の王=帝釈天=ソシモリ=牛頭天王(1…
  8. 伏見稲荷大社は、「JINRI」=過越の子羊=(イエスキリスト)を祀って…
  9. 重度知的障害者娘の最近の様子。うち流自閉論「普通最高!」
  10. オステオポンチンとは、何ぞや? 老化の秘密がわかった!
閉じる

そこはかとなく愉しからずや

カテゴリー:お役立ちの工夫

自閉症スペクトラム症の発症原因の仮説が、いろいろ出てくる時代になりましたね。多様な原因があると思います。しかし臨床結果の統計が集まるにつれ、濃い原因の一つかもしれない事例が出てきますね。ならば解決策も見えてきます。私は十分な栄養素が自然治癒…

「自閉症体操」としていますが、自閉症のための体操という意味ではありません。自閉症児さんにも良いですが。自閉症児がよくやるお手手ヒラヒラを真似してみたら、脳がスッキリして末梢神経まで血液が流れて、やる気スイッチが入ったようになるという主観です…

重度知的障害者の上に目も悪いなんて、今年初めてのメガネを作りました。思いのほか視力が悪くなっていて、可哀想でした。高校を卒業してから視力を計ることがなかったですから、高校生の時は0.6見えていましたから油断していました。重度知的障害児の視力…

自律神経失調症を放置していて、うつ病に進行してしまう人もいます。また、季節の変わり目に体調を崩したり、気分がすぐれなくなったりします。小さなストレスもそれが続くと心身に不調をきたしたりします。身体的ストレスが続くと心的にも不調になったりしま…

あるフレーズの音楽が耳について離れなくなったりすることをイヤーワームと言います。ボブディランの「風に吹かれて」という曲が耳について離れないことからディラン効果という人もいます。テトリス効果というゲームの映像のリピートが脳内で繰り返されるとい…

重度知的障害児のダイエットは?どうすればうまくいくのか?食いしん坊の重度知的障害児のダイエットのための食事制限は大変ですよね。お腹が空くと機嫌悪くなるし。重度知的障害児に取り入れやすいダイエットはどうすればいいでしょうか?私自身も重度知的障…

知的障害児や発達障害児や自閉症児やダウン症児のお子さんたちで、シャンプーで遊んでしまい困ると言うことは多いですね。シャンプーで遊ばさない工夫についてお知らせします。またシャンプーから耳垂れになってしまった場合の治し方の工夫もおしらせします。…

大渕愛子弁護士がブログでお子さんの頭蓋骨変形について悩まれ、頭蓋形状誘導ヘルメットをお子さんに装着することを決意されたことを発信されていました。頭蓋骨形状誘導とは? 頭蓋骨形状誘導ヘルメットとはどのようなものでしょうか?いろいろ調べてみまし…

本来のスマートドラックは精神科医が処方する精神薬を指すことが多いのですが、最近はスマートドラックは、広義にはサプリメントも含むようです。通称スマドラと呼ばれ、個人が気楽に個人輸入して服用し体制がついて依存症になり、精神科に駆け込むよ…

母体の栄養状態により胎児に起こる障害があきらかになってきています。最近では妊活には「葉酸」の摂取が必須であるとの啓発記事も見かけるようになりましたね。葉酸はビタミンの一種で葉酸が母体に不足すると、無脳症という脳が無い状態の赤ちゃ…

さらに記事を表示する
ページ上部へ戻る