menu
閉じる
  1. 稼げるライティング
  2. 恐ろしいADHD治療薬の実態
  3. 発達障害児に飲ませる抗精神薬は覚せい剤と言うことを知っていますか?
  4. 発達障害もあらゆる病気を改善するアロエベラ。
閉じる
閉じる
  1. 発達障害、自閉症関連ニュース速報5/23自閉症者が人類社会に「不可欠」…
  2. スマートドラックとは?頭の良くなる危険な薬。脳に良い栄養食品。
  3. いかのおすしでどんな人間かバレるが話題。イジメ、ゼッタイ、ダメ。イジメ…
  4. アニキサスの症状と罹った芸能人。アニキサスに注意。アニキサス予防。
  5. 発達障害、自閉症関連ニュース速報5/5。自閉症児の平均寿命36歳。薬害…
  6. 脳に効く栄養、不足すると起こる障害。ブレインフードとは?
  7. 発達障害、自閉症関連ニュース速報5/4 自閉症児の睡眠障害、偏食
  8. 発達障害、自閉症関連ニュース速報5/2。短命な自閉症者にならないために…
  9. 発達障害、自閉症関連ニュース速報5/1。スイスの自殺ほう助団体に登録し…
  10. 発達障害、自閉症関連ニュース速報4/30。自閉症本とグッズ紹介4
閉じる

工夫くふうkuhuuくふう工夫

カテゴリー:薬害について

本来のスマートドラックは精神科医が処方する精神薬を指すことが多いのですが、最近はスマートドラックは、広義にはサプリメントも含むようです。通称スマドラと呼ばれ、個人が気楽に個人輸入して服用し体制がついて依存症になり、精神科に駆け込むよ…

今回で3回目になるAutism Speaks 特別レポート(自閉症の健康)の日本語訳の転載です。ダウン症者が短命な場合が多いのは、その心臓疾患から聞いてはいましたが、自閉症者も短命であったとは、初耳であり、衝撃的な内容でした。…

*画像はPhoto ACより イメージです。「私たちの体が健康なとき、その体には、自然な分子が健康を維持するのにちょうどよい量で存在している。だから健康状態が悪くなれば、足りなくなっている自然な分子をちょうどよい量になるまで補えばよい」…

*画像はPhoto ACより『精神科医は今日も、やりたい放題』という本を読んでいます。精神薬の害について啓発活動されている精神科医の内海聡医師の本です。同じことを昔(20年くらい前)大阪府の公的精神科医のトップの某所長さ…

ページ上部へ戻る