閉じる
  1. 稼げるライティング
  2. 重度知的障害で重度自閉症と幼児期に診断されて、大人になった今は?
  3. 恐ろしいADHD治療薬の実態
  4. 重度知的障害児の問題行動は、こうやって改善した。他害行為も
  5. 障害児の子どもが居ても稼げる在宅ワークのいろいろ
  6. 発達障害もあらゆる病気を改善するアロエベラ。
  7. 発達障害児に飲ませる抗精神薬は覚せい剤と言うことを知っていますか?
  8. 「普通学級」「支援学級」「支援学校」それぞれのメリット・デメリットに思…
  9. お節集めました。おせち料理のページ
閉じる
閉じる
  1. 『弓と禅』にみる日本の精神、相撲道、弓道、武道の心
  2. モンゴル力士会の八百長疑惑がもめ事の真相では?相撲のルーツ
  3. 年末年始はワイン飲んで歌いまくります。おうちで”(-…
  4. 正史を捨てた韓民族。半島南部は倭人が支配していたと載ってるものだから(…
  5. 韓半島は五千年間無人で。南部には倭人が住んでいた。(1)
  6. ムチンについての間違い!植物性ムチンは無い!
  7. スサノオノミコト=スサ(ペルシャ)の王=帝釈天=ソシモリ=牛頭天王(1…
  8. 伏見稲荷大社は、「JINRI」=過越の子羊=(イエスキリスト)を祀って…
  9. 重度知的障害者娘の最近の様子。うち流自閉論「普通最高!」
  10. オステオポンチンとは、何ぞや? 老化の秘密がわかった!
閉じる

そこはかとなく愉しからずや

カテゴリー:DSM-5「精神疾患の診断・統計マニュアル」 

発達障害に含まれる障害や、合併する障害は、調べてみると様々な種類があることがわかります。ひとくちに自閉症スペクトラム症と言っても、様々な形態があるように、様々な程度の強弱もあり、一人ひとり違う様子があります。その症状も、併存障害なのか?なの…

発達障害は自閉症スペクトラムのみならず、様々な障害の種類があります。DSM-5と過去のDSMでは、その分類に若干の違いがあります。過去のDSMでの広汎性発達障害の中には、自閉症、アスペルガー症候群、レット症候群、小児期崩壊性障害、非定型自閉…

発達障害に関する素人ブログも増え、大人のADHDも流行のように増え、昔はこうだった意味が今の診断基準では違った意味になっていたり、行政用語としての発達障害は知的障害を含めなかったり、アメリカ精神医学会のDSM-5と、世界保健機関のICDとで…

以前は発達障害の下位分類としてあった症や障害の種類が、明確に分類できないということで連続体という概念を用いることになり、自閉症スペクトラムという概念で呼ぶことになりました。スペクトラムとは連続体という意味です。その他の「神経発達障害」の種類…

最近、妙に増えている発達障害という言葉、行政が用いる「発達障害」というくくりと、臨床で用いる「発達障害」の違いや、診断の変更点について調べてみました。スポンサーリンク発達障害の歴史と分類の変遷1966年7…

ページ上部へ戻る