menu
閉じる
  1. 発達障害児に飲ませる抗精神薬は覚せい剤と言うことを知っていますか?
  2. 稼げるライティング
  3. 恐ろしいADHD治療薬の実態
  4. 発達障害もあらゆる病気を改善するアロエベラ。
閉じる
閉じる
  1. 発達障害、自閉症関連ニュース速報5/23自閉症者が人類社会に「不可欠」…
  2. スマートドラックとは?頭の良くなる危険な薬。脳に良い栄養食品。
  3. いかのおすしでどんな人間かバレるが話題。イジメ、ゼッタイ、ダメ。イジメ…
  4. アニキサスの症状と罹った芸能人。アニキサスに注意。アニキサス予防。
  5. 発達障害、自閉症関連ニュース速報5/5。自閉症児の平均寿命36歳。薬害…
  6. 脳に効く栄養、不足すると起こる障害。ブレインフードとは?
  7. 発達障害、自閉症関連ニュース速報5/4 自閉症児の睡眠障害、偏食
  8. 発達障害、自閉症関連ニュース速報5/2。短命な自閉症者にならないために…
  9. 発達障害、自閉症関連ニュース速報5/1。スイスの自殺ほう助団体に登録し…
  10. 発達障害、自閉症関連ニュース速報4/30。自閉症本とグッズ紹介4
閉じる

工夫くふうkuhuuくふう工夫

タグ:障害者

いきなり、自閉症は障害ではないと言われてもねー。そういう捉え方もできますね、とクールに感情移入はしない。生物学的な存在理由としては同意します。生命は優秀で定型だけが生き残るわけでもないことは知られていますね。スポンサーリンク…

*画像はPhoto ACより『精神科医は今日も、やりたい放題』という本を読んでいます。精神薬の害について啓発活動されている精神科医の内海聡医師の本です。同じことを昔(20年くらい前)大阪府の公的精神科医のトップの某所長さ…

昔はなかった、女性が重度知的障害児を抱えての仕事なんて、無理と言われてました。すべての女性が輝く社会づくり本部 | 首相官邸ホームページ 上記の首相官邸ページにもあるように、「すべての女性が輝く社会づくり」が推進されてい…

ページ上部へ戻る